織田信常

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
織田信常
時代 江戸時代中期
生誕 宝永2年(1705年
死没 寛政2年1月27日1790年3月12日
改名 信村(初名)→信常
別名 津田蔵人、通称:亀次郎、蔵人
墓所 貞泉寺
官位 従五位下備後守
上野小幡藩世嗣
氏族 織田氏(信雄系信良流)
父母 父:織田信就
兄弟 信房信常信乗信右、長顕、信富、津田長季、津田正春正室ら8男3女
金田房輝娘

織田 信常(おだ のぶつね)は、江戸時代中期の上野国小幡藩の世嗣。通称は亀次郎、蔵人。

生涯[編集]

4代藩主・織田信就の次男として誕生。初名は信村。

寛政重修諸家譜』によれば、「多病によりて嫡子たらず」とある。そのため、織田家の家督を相続せず、家中で津田蔵人と称し、生涯を終えた。

寛政2年(1790年)1月27日死去。享年86。出羽国高畠城下の貞泉寺に葬られた。

一説によれば、金田房輝の娘を妻に迎えて子女をもうけたという。