織田信恭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
織田信恭
時代 江戸時代後期
生誕 不明
死没 安政2年5月7日1855年6月20日
別名 通称:主膳
官位 従四位下侍従大蔵大輔
幕府 江戸幕府高家旗本
主君 徳川家斉家茂
氏族 高家織田氏
父母 父:織田信順
正室:牧野貞喜
信任、主膳

織田 信恭(おだ のぶやす)は、江戸時代後期の高家旗本通称は主膳。官位従四位下侍従大蔵大輔

略歴[編集]

高家旗本・織田信順の子として誕生した。

文政11年(1828年11月4日、部屋住で高家見習に召し出される。後に高家職に就く。同年12月27日、家督を相続する。文政12年(1829年2月7日、従五位下・侍従・大蔵大輔に叙任する。後に従四位下に昇進する。

安政2年(1855年)5月7日死去。子の信任が家督を継いだ。

系譜[編集]