織田信明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
織田信明
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文2年(1662年
死没 元文元年9月20日1736年10月24日
改名 信秋(初名)→信明→退翁(号)
別名 通称:仙千代、式部
官位 従四位下侍従讃岐守
幕府 江戸幕府旗本
主君 徳川綱吉家宣家継吉宗
氏族 織田氏(長政流高家)
父母 父:織田長政、母:松平英親養女
兄弟 信明信清長喬遠山友春継室
正室:松浦鎮信養女・マル
信客、生駒親猶正室
養子:信栄

織田 信明(おだ のぶあきら)は、江戸時代前期から中期にかけての旗本通称は仙千代、式部。官位従四位下侍従讃岐守

生涯[編集]

交代寄合織田長政の長男として誕生した。生母は松平英親の養女。初名は信秋。

元禄3年(1690年12月12日、家督を相続する。同日、父・長政の遺言により、弟・信清に300石を分与した。その結果、所領は2700石となった。

元禄14年(1701年9月21日高家旗本となる。宝永2年(1705年1月21日、高家職に就任、従五位下・侍従・讃岐守に叙任する。後に従四位下に昇進する。享保8年(1723年2月18日、高家職を辞任、7月23日、隠居する。長男の信客は早世しており、養子に迎えた甥の信栄に家督を譲る。以後、退翁と号する。

元文元年(1736年)9月20日、死去。享年75。

系譜[編集]

子女は1男1女。