織田信氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
織田信氏
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 生年不詳
死没 天正12年6月2日1584年7月9日
または天正13年6月3日1585年6月30日[1]
改名 竹千代、織田信氏
別名 通称:角蔵
戒名 湖雲水鑒
主君 織田信長信雄
氏族 織田氏
父母 父:織田信直 母:栄輪院織田信秀の六女)
兄弟 信氏忠辰
某、津田清幽
特記
事項
 清洲三奉行、織田藤左衛門家、小田井織田氏

織田 信氏(おだ のぶうじ)は、戦国時代安土桃山時代武将織田氏一族で織田藤左衛門家織田信直の嫡男。幼名は竹千代。通称は角蔵。於田井城主。

略歴[編集]

母の小田井殿(栄輪院)は織田信秀の六女で、織田信長は伯父にあたる。

天正2年(1574年)9月、伊勢長島で父の信直が29歳で討ち死にし、後を継いで小田井城主となった。翌年、父の死の償いとして小田井に3万6,000貫の知行を得た。

天正9年(1581年)2月の京都御馬揃えでは連枝衆として参加した。

天正10年(1582年)の本能寺の変後は、織田一族を束ねた織田信雄に属したが、天正12年(1584年)6月2日、祖父の信張よりも先に死去した[1]

家督は弟忠辰が継いだ。また、信氏の次男とされる津田清幽は、石田三成に仕え、重臣となった。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 没年については『系図纂要』によると天正13年(1585年)6月3日とする説もある。

参考文献[編集]

先代:
織田信直
小田井城主
織田信氏
次代:
織田忠辰