織田信直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
織田信直
Oda Nobunao.jpg
伝織田又六信直像(模本)
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 天文15年(1546年
死没 天正2年9月29日1574年10月13日
別名 信時、通称:又六郎、又八郎、左衞門
主君 織田信長
氏族 織田氏(藤左衛門家)
父母 父:織田信張、母:織田信康
織田信秀六女・栄輪院
信氏忠辰、牧野宮内少輔娘

織田 信直(おだ のぶなお)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。名は信時とも。通称は又六郎、又八郎、左衛門。

略歴[編集]

織田氏(藤左衛門家)織田信張の子として誕生。母は織田信康の娘。

小田井城に居を持ち父・信張と行動を共にしていた。天正2年(1574年7月第三次長島攻めに従軍。同年9月29日、一揆勢の捨て身の攻撃に遭い討ち死にした。享年29。

名古屋市善光寺別院願王寺に肖像画が残る。

系譜[編集]

子女は2男1女。

妻小田井殿の生母が織田信長の乳母を務めた養徳院であることから、子孫は池田氏と共に行動することが多く、江戸時代は池田家家臣となる子孫もいた。

長男の信氏は、天正9年(1581年)の馬揃えで御連枝の衆として参加した。次男の忠辰は最後の小田井城城主で子孫は尾張藩士となった。娘は牧野宮内少輔の室のちに荒尾成房の室。

先代:
織田信張
小田井城主
織田信直
次代:
織田信氏