織田信裕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
織田信裕
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保2年(1831年)9月
死没 明治7年(1874年4月13日
別名 通称:金之助、衛守、三十郎
官位 従五位下伊賀守上野介
幕府 江戸幕府旗本
主君 徳川家慶家定家茂慶喜明治天皇
氏族 織田弥十郎家(織田氏信包系信当流)
父母 父:織田信与、養父:織田信周

織田 信裕(おだ のぶひろ)は、幕末旗本通称は金之助、衛守、三十郎。官位従五位下伊賀守上野介

生涯[編集]

旗本織田信与の子として誕生した。叔父で信与の跡を継いだ織田信周の養子となる。

弘化3年(1846年)7月29日、養父・信周の隠居により家督を相続する。寄合に所属する。安政5年(1858年)11月29日、寄合肝煎に就任する。講武所頭取などを兼務する。文久2年(1862年)10月10日、小姓組番頭に就任する。同年12月16日、従五位下・伊賀守に叙任される。元治元年(1864年)4月10日、書院番頭に就任する。同年7月8日、天狗党の乱に際し堀直虎らと共に鎮圧のために出陣を命じられる。慶応2年(1866年)12月21日免職、寄合に所属する。

明治4年(1871年)6月14日、東京府第一区の仮区長に就任する。同年9月14日、第二区の区長との兼任を命じられる。同年11月22日、第一大区の戸長に就任する。同年11月24日、戸長筆頭を命じられる。同年12月、戸籍名を「三十郎」(元は通称)から「信裕」()に改める。明治5年(1872年)4月8日、第一大区小ノ一区の二等戸長に就任する。明治6年(1873年)7月15日、第一大区小ノ六区の戸長との兼任を命じられる。明治7年(1874年)4月13日、病死する。公職を2年以上勤務したことで、府は遺族に25円を支給する。