織田信貞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
織田信貞
Oda Nobusada.jpg
織田信貞像(岐阜市歴史博物館蔵)
時代 安土桃山時代 - 江戸時代
生誕 天正2年(1574年
死没 寛永元年6月6日1624年7月21日
改名 人(童名)、信貞
別名 通称:藤四郎、雅楽助、法名:宗恵
戒名 常照院殿法厳宗恵大居士[2]
墓所 大徳寺塔頭総見院
官位 従五位下左京亮
主君 豊臣秀吉徳川家康秀忠
氏族 織田氏
父母 父:織田信長、母:土方氏土方雄久の娘)
兄弟 信忠北畠具豊神戸信孝羽柴秀勝(於次)勝長(信房)信秀信高信吉信貞信好長次信正[3]、ほか
信次、貞置、女(織田重治室、後に離縁し、壬生忠利室)、女(笹治大膳室)
テンプレートを表示

織田 信貞(おだ のぶさだ)は、安土桃山時代から江戸時代にかけての武将織田信長の九男[3]

略歴[編集]

信貞の母は『寛政重脩諸家譜』では「土方雄久の女」と記載があるが、土方雄久は天文22年(1553年)生まれのため、年代的に齟齬があるとする歴史家も存在する[3]。一方で『織田家雑録』の中では青山氏[4]が母であるとの記載がある[3]

天正10年(1582年)、父・信長が本能寺の変で死去したため、埴原長久(加賀守)に養育されたという。信長の死後、埴原は織田信雄に仕えた。成長した信貞は、豊臣秀吉の馬廻の一人となり、近江国神崎郡蒲生郡内に1,000石の所領を与えられ、従五位下左京亮に叙任された。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いでは、西軍に与して伏見城攻撃に参加して、戦後に改易された[5]

寛政重脩諸家譜』では、兄[7]信高と共に東軍に馳せ参じるべきところだったが、間に合わなかったので、戦後に美濃路を凱旋中の徳川家康に拝謁したとし[8]、この時に信長の子であることに免じて死罪を逃れたようである。

後に家康に召し抱えられ、寺領を食邑として与えられた。

慶長19年(1614年)からの大坂の陣では徳川方として従軍した。

寛永元年(1624年)に死去。享年51。

京都市東山区にあった上行寺に葬られたが、同寺は1914年に久遠寺と合併し、上行山妙祐久遠寺と改称した。墓地は織田家の菩提寺である京都大徳寺塔頭総見院にもある。

子孫[編集]

室は信長妹と津田元嘉との間の女であり、従兄弟同士の婚姻にあたる[3]。家督は次男の貞置が継いだ。長男の信次は病弱のために家を継げなかったが、信次の子の貞幹は貞置の養子となって尾張藩の家臣として仕えた。貞置は叔父の織田有楽斎(長益)が興した茶道有楽流を継承し、養子の貞幹(尾州有楽流)ら多数の門人を抱えた茶人としても有名である。子女は二人で、一人は織田重治に嫁ぎ、一人は笹治大膳に嫁いだ[3]

信貞は微禄のまま亡くなっており、その孫の世代になって1000石取りに復し、徳川将軍家高家旗本として仕えて、分家も旗本として仕えた。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 信長の祖父、信貞の曾祖父にあたる織田信定は、同音の「信貞」と書かれる場合がある。岐阜市歴史博物館蔵「織田信貞像」はこの信定のことである。
  2. ^ 新人物文庫『信長の子』「歴史読本」編集部編、「その他の息子たち」和田裕弘、p.111-p.114
  3. ^ a b c d e f 信正は庶長子のため、数に含めず、信忠を長男として、信貞は九男となる。
  4. ^ 関係諸氏としては織田家三番家老青山信昌、瓦奉行の青山助一などが挙げられるが、同定はされていない。
  5. ^ 高柳 & 松平 1981, p.52
  6. ^ 堀田 1923, p.567
  7. ^ 信高を信貞の2歳下の弟とする系図もある[6]
  8. ^ 堀田 1923, pp.567, 569

参考文献[編集]

関連項目[編集]