織田寛維

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
織田寛維
時代 戦国時代
生誕 永正17年(1520年
死没 天文11年9月21日1542年10月29日
別名 通称:藤左衛門
戒名 天巌以青
墓所 愛知県名古屋市東雲寺
官位 従五位下左兵衛佐従四位下越前守
氏族 織田氏(藤左衛門家)
父母 父:織田寛故
兄弟 寛維、福富貞嗣室、津田元信室、信張、常知、梁田教貞室

織田 寛維(おだ とおふさ)は、戦国時代武将。通称は藤左衛門尉。

略歴[編集]

清洲三奉行の一つ、織田氏(藤左衛門家)織田寛故の嫡男として誕生。父の後を継ぎ小田井城主となる。

天文11年(1542年)、大垣城攻めに参戦し、討ち死にした。跡を父・寛故が継ぎ、後に弟・寛廉(信張)が家督を継いだ。

尾張名所図会』によると、天文14年(1545年)に中小田井にある五所社の境内にある弁天社を造進したとの記述が見える。

先代:
織田寛故
小田井城主
織田寛維
次代:
織田寛故