織田忠寛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
織田忠寛
時代 戦国時代 - 安土桃山時代
生誕 不明
死没 天正4年12月15日1577年1月3日[1]
改名 忠寛→津田一安(法名)
別名 掃部(受領名)
主君 織田信長信雄
氏族 織田藤左衛門家
父母 父:織田寛貞
加藤治部左衛門尉娘
忠遼、信昌

織田 忠寛(おだ ただひろ)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将津田一安、または官途名の掃部助から、織田掃部(おだ かもん)と称された(丹波守とも)。法号は一安。子の名は不詳だが、文献には忠遼・信昌の名が記されている。尾張国日置城主。

経歴[編集]

尾張楽田城主・織田寛貞の子として誕生。

織田信長に仕え、永禄年間は織田氏の対武田氏外交を担い、永禄12年(1569年)5月には甲府に派遣されている[2]。『甲陽軍鑑』によれば、永禄8年(1565年)9月9日に武田信玄の許へ派遣され、信長の養女(龍勝院)と信玄の嗣子勝頼との婚姻をまとめたとされるが、文書上からは確認されない。また後には信長の庶子・坊丸(勝長、信房)をおつやの方の養子とする縁組をまとめたといわれている。『甲陽軍鑑』によれば、忠寛は信長に勘当され、11年間甲府に滞在していた経歴があったという。

永禄11年(1568年)2月の北伊勢侵攻後、忠寛は北畠家への押さえとして安濃津城に入れおかれた[3]。永禄12年(1569年)の大河内城の戦いに参加。北畠具教具房が信長の次男・茶筅丸(信雄)に家督を譲って退去すると、滝川一益と共に大河内城を接収。茶筅丸の入城に際してはこれに伴った[4]

天正3年(1575年)の長篠の戦い越前一向一揆討伐にも参加している。

しかし、この武田家との繋がりが遠因となったのか、後に信長の不興を買い、誅殺されたという(あるいは追放を受け、信長の死後に出家し、羽柴秀吉に仕えるも、信長の遺児信雄に誅された説もある)。

また『勢州軍記』には、天正4年(1576年)11月25日に北畠具教ら北畠一族が信雄に暗殺された際(三瀬の変)に、その親族を養い扶助すると言った(忠寛は北畠家と縁戚関係を結んでいた)事を柘植保重滝川雄利に讒言されたために、20日後の同年12月15日に田丸城普請場にて日置大膳亮により討たれたと記述されている[5]

関連作品[編集]

  • 武田信玄』(1988年、NHK大河ドラマ、演:狭間鉄)

脚注[編集]

  1. ^ 勢州軍記』に記述された日付
  2. ^ 『神田孝平氏所蔵文書』
  3. ^ 神戸良政『勢州軍記』 巻四
  4. ^ 太田牛一信長公記』 巻二 「阿坂の城退散の事」
  5. ^ 『勢州軍記』 巻七

関連項目[編集]