織田恒直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

織田 恒直(おだ つねなお、生没年未詳)は、江戸時代の人物。伝承に拠れば父は織田秀信、母は生地真澄の娘・町野。通称は三五郎、三助。養父に隅田忠直。兄に秀朝。子に善直、直信。

概要[編集]

慶長10年(1605年)、高野山を追放された織田秀信紀州向副村善福寺に閑居した頃、地元の豪族生地真澄の娘・町野との間に儲けた嫡男であると伝わる。秀信没後、町野が隅田忠直に嫁いだため、三五郎は忠直の養子となり、名乗りを隅田三助恒直と改めた。

男子2人を儲ける。長男は市兵衛善直、次男は三右衛門直信を名乗った。

ただしこれらは上質の史料では実在が確認されない。あくまで子孫の自称・伝承でしかない。

大正7年(1918年)4月、織田氏直系子孫を自称する善直の子孫らによって「織田秀信公碑」が建立された。

参考文献[編集]

  • 安藤武彦 『斎藤徳元研究(上)』 和泉書院、2002年