織田秀一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
織田秀一
時代 江戸時代前期
生誕 寛永16年(1639年
死没 貞享4年8月3日1687年9月9日
改名 長盛(初名)→秀一
別名 通称:源十郎
戒名 円常院殿梅嶺指月居士
墓所 東京都渋谷区祥雲寺
官位 従五位下信濃守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光家綱綱吉
大和柳本藩
氏族 織田氏(長益系尚長流)
父母 父:織田長種、母:小出三尹
正室:小出有棟
側室:あり
秀親成純

織田 秀一(おだ ひでひと/ひでかず)は、江戸時代前期の大名大和国柳本藩3代藩主。通称は源十郎。官位従五位下信濃守。尚長流織田家3代。

生涯[編集]

2代藩主・織田長種の長男として誕生。初名は長盛

寛永20年(1643年)12月7日、父・長種の死去により家督を相続した。寛永21年(1644年)11月13日、3代将軍徳川家光御目見する。正保3年(1646年)6月2日、神田橋石普請の助役を命じられる。万治3年(1660年)4月19日、藩主として初めてお国入りする許可を得る。寛文元年(1661年)12月28日、従五位下信濃守に叙任する。

寛文6年(1666年)5月13日、丹後国宮津藩主・京極高国改易にあたって、家臣を派遣し、領内の巡視にあたることを命じられる。寛文7年(1667年)、駿府加番を命じられた。延宝4年(1676年)、近江国水口城在番を命じられた。

貞享4年(1687年)8月3日、死去。享年49。墓所は祥雲寺。法号は円常院殿梅嶺指月居士。

なお、『土芥寇讎記』には「秀一ハ才智発明ニシテ、武道ヲ嗜ミ、行跡正シク、家士ヲ憐ミ、民ニ恵ミテ、仕置穏順ニシテ、家民豊カナリシ」とあり、大名としての評価は良い。

系譜[編集]

子女は2男。