織田秀雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
織田秀雄
時代 安土桃山時代 - 江戸時代初期
生誕 天正11年(1583年
死没 慶長15年8月8日1610年9月24日
改名 三法師(幼名)→秀雄
戒名 月松院殿前相公三品天岩玄高大居士
墓所 京都府京都市北区紫野大徳寺町の大徳寺塔頭総見院
官位 従三位参議
主君 豊臣秀吉秀頼
氏族 織田氏
父母 父:織田信雄、母:千代御前(北畠具教の娘)
兄弟 秀雄、某、高雄、信良高長信為良雄
長雄、加爾姫、小姫徳川秀忠正室)、
女(生駒直勝室)、八重姫(土方雄氏室)、
女(佐々木政勝室)、女(佐々一義室)

織田 秀雄(おだ ひでかつ、天正11年(1583年) - 慶長15年8月8日1610年9月24日))は、安土桃山時代の大名。

生涯[編集]

天正11年(1583年)、織田信雄の長男として誕生。

天正18年(1590年)、父信雄は秀吉の国替命令を拒んで改易されて、秋田に流されたが、文禄元年(1592年)、秀雄は豊臣秀吉から越前国大野郡において5万石を与えられ、亀山城(大野城)を居城とした。秀雄の召し出しは、同年の父信雄の赦免に伴う措置と考えられる。なお、異説として、大野城の前に近江国大溝城を与えられ、その後文禄4年(1595年)7月に大野に移封されたとする説もある(黒田基樹[1])。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いに際しては西軍に属し、改易された。秀雄本人は東軍に属する意向を持っていたものの、父信雄の意向を受け入れて西軍に属することになったという。

改易後、江戸浅草に閑居していたが、慶長7年(1602年)、徳川秀忠の好意により、蔵米3000俵を支給される。慶長15年(1610年)8月8日、京都で父に先立って死去、享年28。京都の大徳寺塔頭総見院に葬られた。正室・子女ともにいなかった。

脚注[編集]

  1. ^ 黒田基樹「「大溝侍従」織田秀雄」『近世初期大名の身分秩序と文書』(戎光祥出版、2017年) ISBN 978-4-86403-230-8 P294-295