織田長宇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
織田長宇
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 明和3年(1766年
死没 天保10年5月25日1839年7月5日
別名 通称:徳三郎
墓所 奈良県の慶田寺
官位 従五位下左衛門佐
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
大和芝村藩
氏族 織田氏(長益系長政流)
父母 父:織田長教
兄弟 長宇、長格、長據など7男3女
正室:阿部正賀養女
長恭、萩原言偏、荻原徳拠、渡会喬久織田信順正室など計7男6女

織田 長宇(おだ ながのき)は、江戸時代中期から後期にかけての大名大和国芝村藩9代藩主。通称は徳三郎。官位従五位下左衛門佐。長政流織田家9代。

生涯[編集]

8代藩主・織田長教の長男(次男とも)として芝村にて誕生。

寛政7年(1795年)2月15日、11代将軍・徳川家斉御目見する。同年4月26日、長教の隠居により家督を相続する。同年12月17日、従五位下左衛門佐に叙任する。文化2年(1805年)、駿府加番を命じられる。文政9年(1826年3月27日に隠居し、三男の長恭に家督を譲る。

天保10年(1839年)5月25日、芝村において死去、享年74。墓所は奈良県の慶田寺。蹴鞠の名手であったという。

系譜[編集]

子女は7男6女。なお、竹尾善筑は、その著書『即事考』に長宇の娘が家来と駆け落ちした事件を記している。