織田長種

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
織田長種
時代 江戸時代前期
生誕 元和3年(1617年
死没 寛永20年9月8日1643年10月20日
戒名 真源院殿泰室華公大禅定門
墓所 東京都渋谷区祥雲寺
官位 従五位下修理亮
幕府 江戸幕府
主君 徳川家光
大和柳本藩
氏族 織田氏(長益系尚長流)
父母 父:織田尚長、母:宝樹院
兄弟 長種坊城俊完継室、神尾元珍正室、
甘露寺経長室、蜷川親房正室
正室:小出三尹
秀一

織田 長種(おだ ながたね)は、江戸時代前期の大名大和国柳本藩2代藩主。官位従五位下修理亮。尚長流織田家2代。

生涯[編集]

初代藩主・織田尚長の長男として誕生。

寛永14年(1637年)3月7日、家督を相続した。同年6月28日、3代将軍・徳川家光御目見する。

寛永20年(1643年)9月8日、死去。享年27。法号は真源院殿泰室華公大禅定門。祥雲寺に葬られた。以後、同寺は柳本藩織田家の当主の墓地の一つとなる。

系譜[編集]

子女は1男。