織田長説

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
織田長説
時代 江戸時代中期
生誕 元禄14年(1701年
死没 宝暦6年11月25日1756年12月16日
別名 通称:半五郎、主馬
官位 従五位下侍従主計頭
幕府 江戸幕府高家旗本
主君 徳川吉宗家重
氏族 高家織田氏
父母 父:織田長能
兄弟 長説、日根野弘恒、柴田康平、
横瀬貞隆正室など4男1女
正室:なし
織田信錦正室、織田信錦養女
養子:信錦

織田 長説(おだ ながとき)は、江戸時代中期の高家旗本通称は半五郎、主馬。官位従五位下侍従主計頭

略歴[編集]

高家旗本・織田長能の長男として誕生した。

享保20年(1735年12月21日、長能の隠居により家督を相続する。延享2年(1745年2月15日、高家職に就任し、従五位下・侍従・主計頭に叙任する。宝暦元年(1751年2月14日、高家職を辞任する。

宝暦6年(1756年)11月25日死去、享年56。

系譜[編集]

正室はなし。