織田頼長

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
 
織田頼長
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 天正10年(1582年
死没 元和6年9月20日1620年10月15日
別名 秀信、長頼、通称:孫十郎、左門、雲正寺道八
墓所 京都東山の長寿院
官位 従四位下侍従
主君 豊臣秀頼
氏族 織田氏(長益流)
父母 父:織田長益、母:平手政秀娘・お清
兄弟 長孝頼長俊長長政尚長、宥諌、松平忠頼正室、湯浅直勝室、永福院殿
正室:なし
教如
長好一条昭良正室
テンプレートを表示

織田 頼長(おだ よりなが)は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将茶人豊臣氏の家臣。別名に秀信(ひでのぶ)、長頼(ながより)。通称は孫十郎、左門雲正寺道八官位従四位下侍従

生涯[編集]

天正10年(1582年)、織田長益(有楽)の次男として誕生。生母は長益正室で平手政秀の娘・雲仙院殿。そのため、長益の嫡男であったと考えられる。

父・長益と共に豊臣秀頼に仕えた(「頼」および別名とされる秀信の「秀」の字は秀頼からの偏と思われる)。かぶき者として知られ、「かぶき手の第一」と言われていた(『当代記』)。

慶長12年(1607年)6月24日、美濃清水藩主の稲葉通重や、山城御牧藩主の津田高勝、旗本の天野雄光らと共に京都祇園に赴いたとき、茶屋四郎次郎もしくは後藤長乗の女房を始めとする富商の婦女7・8人を強引に茶店に引き入れて酒を飲ませる、後藤の従者を木に縛り付け、刀を抜いて斬り捨てると脅す等の乱行を起こしたため、幕命により咎められた。慶長13年(1608年)1月、秀頼の命により江戸幕府に対する年賀の使者として江戸に赴く。

慶長14年(1609年)7月、公家・猪熊教利の逃亡を弟・長政が助けて処罰された(『徳川実紀』)が、それに関与していた可能性がある。慶長18年(1613年)2月20日には、京都に逗留していた木下延俊を訪ねている。

大坂の陣に際して、豊臣家に帰参したと思われる。慶長19年(1614年)の大坂冬の陣では長益と共に大坂城に籠城し、二の丸玉造口などを守備する。雑兵を合わせて1万人あまりの部隊を指揮したという。同年12月、自ら率いる部隊内の喧嘩騒ぎにより、徳川方の藤堂高虎隊が織田隊方面から攻撃を開始して谷町口の戦いが起きるが、頼長は病気と称して一切の指揮をしなかったという。これは高虎と頼長とが示し合わせた上での謀略ともされている。(南条元忠参照)

元和元年(1615年)4月、大坂城を退去する。一説には、豊臣方の総大将の地位を望んだものの、叶わなかったためという。以後は京都に隠遁し、「道八」と号して茶の湯に専念して有楽流を継承する。なお、頼長は豊臣方の部将であったため、長益は領地を分与することを控え、幕府も領地を与えず、大名に列することはなかったようである。

元和6年(1620年)9月20日、京都で死去、享年39。京都東山の長寿院に葬られた。

系譜[編集]

正室は無し。ただし、『系図纂要』などによれば、本願寺教如の娘を頼長室としている。子女は1男1女。