罪の声

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

罪の声』(つみのこえ)は、塩田武士原作のサスペンス小説2016年発表。講談社刊。

グリコ・森永事件をモチーフとしている[1]2016年度週刊文春ミステリーベスト10国内部門第1位[2]、第7回山田風太郎賞受賞[3]

映画化され、2020年に公開予定(後述)。

執筆の経緯[編集]

塩田は大学時代にグリコ・森永事件の関係書籍を読み、脅迫電話に子どもの声が使われた事実を知って、自らと同年代のその子どもの人生に関心を抱いたという[1]。そこからいつかこれを題材とした小説を執筆したいと考え、新聞記者を経て2010年に小説家になった際に編集者に相談したところ、「今のあなたの筆力では、この物語は書けない」と言われ、さらに5年を待って執筆を開始した[1]。執筆に際して、1984年から1985年にかけての新聞にはすべて目を通している[1][4]。作中の犯人は「フィクション」だが[1]、各事件の発生日時、犯人による脅迫状・挑戦状、事件報道は「極力史実通りに再現しました」と単行本の著者コメントには記載されている。

あらすじ[編集]

京都市内で紳士服のテーラーを営む曽根俊也は2015年夏のある日、父の遺品の中からカセットテープと黒革のノートを見つける。ノートには大量の英文のほか、「ギンガ」と「萬堂」の文字が書かれていた。さらにテープを再生すると、何かを語る子供の声が聞こえてきた。

それは31年前、大手製菓メーカーのギンガと萬堂をはじめ食品会社数社が脅迫・恐喝され、既に時効となったものの、現在も未解決のままの“ギンガ萬堂事件”(ギン萬事件)の脅迫犯の音声と全く同じものだった。これが幼い頃の自分の声だと確信した俊也は、父の代から親交のある堀田信二に事情を打ち明ける。堀田はノートを預かり、数日後に俊也を誘って、30年にわたって消息不明の俊也の伯父を知る人物と面会し、伯父の来歴や消息などについて話を聞いた。その人物はギン萬事件と伯父の関わりをうかがわせるようなことを口にした。

一方、ちょうど同じころ、大日新聞大阪本社で文化部記者を務める阿久津英士は、年末掲載予定のギンガ萬堂事件の企画記事に応援要員として駆り出された。イギリスに出張を命じられ、1983年のハイネケン社長誘拐事件について元誘拐交渉人に取材したり、当時イギリスでハイネケン事件を調べていたという中国人を探したものの、空振りに終わる。帰国した阿久津は、事件前にギンガの株価を扱った証券雑誌の記事を見て、仕手筋のやり口を証券関係者から聞いたりするが、事件に直接結びつく話には至らなかった。

堀田と俊也は、得た情報をもとに犯人グループが会合を開いたという料理屋に話を聞きに行く。伯父がいたという証言は得られなかったが、板長は堀田が特徴を伝えた別の男はいたと答える。堀田はそのあとで、生島というその男が元滋賀県警察の人物で、伯父とも交友があったと俊也に打ち明けた。

成果の出ない阿久津は、「くら魔天狗」と名乗っていた犯人グループの無線交信を傍受録音した人物が愛知県にいたという事件当時の取材記録から、再度その情報を洗うことにした。空振りかと思われた取材は、意外な形で成果をもたらした。そこから浮かび上がった人物が常連だったという料理屋に阿久津が取材に入ろうとするころ、堀田と俊也は生島の家族の消息を知る人物を追っていた。やがて、俊也と阿久津はお互いの存在を知る。

主な登場人物[編集]

俊也とその関連人物[編集]

曽根俊也

京都市内で父の後を継いでテーラーを営む。既婚で母・妻・娘との4人暮らし。自らの声のテープと父の遺品のノートから、父親が事件に関与したかどうかを知りたいという思いで調査を進める。キツネ目の男を見たおぼろげな記憶がある。36歳[5]

堀田信二

京都市内でアンティーク家具商を営む。俊也の父とは幼馴染。俊也の調査に協力する。61歳[6]。父親は元京都府警察の刑事。

曽根達雄

俊也の伯父(父親の兄)。新左翼運動とかかわりを持っていた。30年以上前にイギリスで消息を絶っている。

曽根清太郎

俊也の祖父、達雄の父。ギンガに勤めていた1974年に、過激派から内ゲバの標的と間違われて撲殺される。

阿久津と大日新聞の人物[編集]

阿久津英士

大日新聞大阪本社文化部の記者。学生時代に英検準1級に合格。姫路と京都、大阪で警察担当を経験。36歳で[7]独身。実家は神戸市北区

鳥居

大日新聞大阪本社社会部の事件担当デスク。ギン萬事件企画記事を発案した。

水島

大日新聞の広告子会社社長。かつては大阪本社社会部次長を務め、ギン萬事件当時は大阪府警察担当。事件当時の資料を保管しており、阿久津に提供する。

その他[編集]

生島秀樹

滋賀県警察の暴力団対策担当刑事だったが、暴力団からの収賄を疑われて内密に警察をやめさせられる。曽根達雄とは柔道の道場で面識があった。30年以上消息不明。

書誌情報[編集]

  • 塩田武士『罪の声』講談社、2016年。ISBN 978-4-06-219983-4。
  • 塩田武士『罪の声』講談社〈講談社文庫〉、2019年。ISBN 978-4-06-514825-9。

映画[編集]

罪の声
監督 土井裕泰
脚本 野木亜紀子
原作 塩田武士
出演者 小栗旬
星野源
配給 日本の旗 東宝
公開 日本の旗 2020年
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

映画版は2020年公開予定[8][9]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e グリ森事件の「真犯人」を追い続けた作家が辿り着いた、ひとつの「答え」 - 現代ビジネス(2016年8月11日)
  2. ^ “週刊文春ミステリーベスト10 2016年【国内部門】第1位は『罪の声』”. 文春オンライン. (2016年12月1日). https://bunshun.jp/articles/-/307 2019年6月6日閲覧。 
  3. ^ “第七回 山田風太郎賞 決定”. 週刊読書人ウェブ. (2016年10月28日). https://dokushojin.com/article.html?i=420 2019年6月6日閲覧。 
  4. ^ 作中の阿久津も鳥居の命でこの2年間の縮刷版を読まされる場面がある(単行本、p.67)。
  5. ^ 母親が28歳の時を回想する場面で、「今の自分より八つも若い」と思う描写がある(単行本、p.391)。
  6. ^ ギン萬事件が「三十のとき」と述べている(単行本、p.42)。
  7. ^ 「五年前に(中略)三十一歳」とある(単行本、p.79)。
  8. ^ a b c “小栗旬と星野源が昭和最大の未解決事件に翻弄される、小説「罪の声」映画化”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2019年4月18日). https://natalie.mu/eiga/news/328379 2019年4月18日閲覧。 
  9. ^ a b c “映画『罪の声』小栗旬×星野源が初共演、昭和最大の未解決事件に挑む - ベストセラー小説を映画化”. ファッションプレス (株式会社カーリン). (2019年4月18日). https://www.fashion-press.net/news/49160 2019年4月18日閲覧。 

関連項目[編集]

  • ハイネケン誘拐の代償 - ハイネケン社長誘拐事件英語版を題材とした映画。この映画に相当する作品への言及があり(単行本、p.17)、巻末の「参考文献一覧」にはタイトルが明記されている。