羅沢南

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

羅 沢南(ら たくなん、Luo Zenan1807年 - 1856年)、字は仲岳、号は羅山朝の朱子学者、湘軍の指揮官の一人。

湖南省湘郷県(現在の婁底市双峰県石牛郷[1])出身。挙人出身で、兵書・春秋左氏伝易経の研究を好んだ。左宗棠李続賓李続宜蒋益澧はみな門下生である。

1853年曽国藩と共同で湘軍を創設し、湘軍のうち3万数千人を統率した。これは曽国藩の率いる12万の主力に次ぐものであった。その後、湖南省・江西省湖北省を転戦し、武漢での戦いで功績を上げるなどして、浙江按察使・浙江布政使に至った。兵の訓練の時には易経を講義したので「儒将」と称された。

1856年の「第三次武漢争奪戦」で、太平天国軍の守将の韋俊に敗北し、羅沢南の部隊は武昌郊外で散り散りになった。霧の中で羅沢南は被弾し、数日後に死亡した。曽国藩はひざまずいて号泣し、全軍に喪に服すよう命じた。

脚注[編集]