羅相浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
羅 相浩 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ナ・サンホ
ラテン文字 Na Sang-ho
ハングル 나상호
基本情報
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
生年月日 (1996-08-12) 1996年8月12日(22歳)
出身地 全羅南道潭陽郡
身長 173cm
体重 70kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 FC東京
ポジション FW/MF
背番号 17
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2017-2018 大韓民国の旗 光州FC 49 (18)
2019- 日本の旗 FC東京
代表歴2
2014  韓国 U-20 3 (0)
2018  韓国 U-23 6 (1)
2018- 大韓民国の旗 韓国 6 (0)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月1日現在。
2. 2019年3月26日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

羅 相浩(ナ・サンホ、1996年8月2日 - )は、大韓民国全羅南道潭陽郡出身のプロサッカー選手J1リーグFC東京所属。ポジションフォワードMF韓国代表

来歴[編集]

クラブ[編集]

光州FCの下部組織である錦湖高校出身。2014年にはKリーグジュニア(KリーグU-18リーグ)でリーグ得点王とリーグMVPを受賞している。高校卒業後は檀国大学校で活躍した。

2017年、光州FCに入団。1年目から出場機会を得て、リーグ戦18試合に出場し、2得点を決めた。2018年には、入団2年目でエースナンバーの「10」を背負い、31試合16得点5アシストの成績を残し、Kリーグ2のリーグMVP、リーグ得点王、リーグベストイレブンの個人タイトルを全て獲得した。

2019年1月14日、FC東京への完全移籍内定が発表された[1]。7月7日、第18節のガンバ大阪戦では2アシストの活躍で移籍した久保建英の穴を埋める活躍を見せた。[2]

代表[編集]

2018年、U-23韓国代表として出場したアジア大会で優勝し、兵役を免除された。

2018年11月、韓国代表に初招集され、12月にAFCアジアカップ2019に出場するメンバーに選出された。しかし、負傷したため、途中離脱し、李昇祐が追加招集された。

人物[編集]

  • 100mを11秒台で走るスピードが武器。
  • 得点力が最大の武器で、ラインブレイカーとしての動きを兼ね備える。
  • フィジカル克服のために、高校卒業後はプロではなく、大学進学を決めた。

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
韓国 リーグ戦 リーグ杯FA杯 期間通算
2017 光州 K1 18 2 - 3 0 21 2
2018 10 K2 31 16 - 0 0 31 16
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2019 FC東京 17 J1
通算 韓国 K1 18 2 - 3 0 21 2
韓国 K2 31 16 - 0 0 31 16
日本 J1
総通算

タイトル[編集]

個人[編集]

代表[編集]

U-23韓国代表

代表歴[編集]

出場大会[編集]

試合数[編集]

  • 国際Aマッチ 6試合 0得点(2018年 - )
代表国 試合数 得点
通算  韓国 6 0

脚注[編集]

関連項目[編集]