羊ケ丘通

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
都市計画道路
羊ケ丘通
3・2・75羊ケ丘通(札幌市区間)[1]
3・1・226羊ヶ丘通(北広島市区間)[2]
総延長 10.5 km(札幌市区間)[1]
5.42 km(北広島市区間)[2]
起点 札幌市豊平区
終点 北広島市
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0036.svg 国道36号(月寒通)
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路
札幌ドーム付近(2007年6月)

羊ケ丘通(ひつじがおかどおり)は、札幌市豊平区から清田区を経て北広島市に至る都市計画道路。札幌市内の区間は主要市道9903号羊ケ丘線(主要地方道)、北広島市内の区間は北海道道1147号大曲工業団地美しが丘線北海道道790号仁別大曲線になる。表記は、札幌市では羊ケ丘と同じく「羊丘通」、北広島市では「羊丘通」になっている。

概要[編集]

交通量の多い国道36号(月寒通)を補完して千歳方面からの交通を札幌市内中心部へ誘導する役割を持つ幹線道路であり[3]豊平区清田区の生活に密着した道路としての役割も果たしている[3]羊ケ丘農業・食品産業技術総合研究機構北海道農業研究センターを横断する2.2 km区間には緑地帯を設置しており、総幅員44 mの掘割構造による道路整備を行っている[3]札幌ドームの駐車場にはランプ形式で接続している。札幌市と北広島市の境界周辺における宅地化・市街化から北広島方面への羊ヶ丘通延伸が進められてきたが[4]、将来的には恵庭市まで延伸することが検討されている[5][6]

路線データ[編集]

札幌市区間

北広島市区間

  • 起点:北広島市大曲幸町7丁目(市界)[7]
  • 終点:北広島市輪厚(北広島市道輪厚中の沢線交点)[7]
  • 延長:5.42 km[2]
  • 幅員:46 m[2]
  • 車線数:6車線(大曲工場通交点から先は4車線)[8]

歴史[編集]

1973年昭和48年)から5期に分けて整備が進められ[3]1990年平成2年)に厚別東通までの札幌市内区間が全線開通した[9][10]2001年(平成13年)には北広島市にある大曲工業団地までの区間約1.1 kmが北海道道1147号大曲工業団地美しが丘線として開通した[11]2008年(平成16年)に大曲工業団地から国道36号に至る区間が北海道道790号仁別大曲線として事業化され[12]2017年(平成29年)3月30日に国道36号との合流部がランプ形式で全面開通した[8][13]

路線状況[編集]

重複区間

道路施設

  • 望羊橋
  • 寒羊橋
  • 福羊橋
  • 羊ケ丘アンダーパス
  • 羊清橋
  • 真羊橋
  • 真栄団地歩道橋

地理[編集]

豊平区平岸の起点付近には豊平区役所、月寒公園があり、アンパン道路が横断している。羊ケ丘には札幌ドームがある。清田区から北広島市にかけては大規模な商業施設が立地しており、100満ボルト札幌清田店、スーパービバホーム清田羊ヶ丘通店、三井アウトレットパーク 札幌北広島インターヴィレッジ大曲ジョイフルエーケー大曲店などがある。また、道央自動車道北広島IC輪厚スマートICに近接する交通の利便性から大曲工業団地北広島輪厚工業団地に企業が進出している。

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 道路 (PDF)”. 札幌市の都市交通について. 札幌市. p. 4. 2017年2月24日閲覧。
  2. ^ a b c d 都市計画道路路線別台帳(北広島市) (PDF)”. 北海道. p. 6. 2017年2月24日閲覧。
  3. ^ a b c d 札幌の通り, pp. 114-115.
  4. ^ 地の利生かし企業誘致*延長される「羊ケ丘通」*新工業団地の造成も”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2003年4月16日). 2017年2月24日閲覧。
  5. ^ 市都市計画審議会*「羊ケ丘通」延伸を承認*市、週内に計画案を道へ”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (2003年1月21日). 2017年2月24日閲覧。
  6. ^ 第3章 都市づくりの分野別基本方針 (PDF)”. 都市計画マスタープラン(改訂版). 北広島市 (2013年). 2017年2月24日閲覧。
  7. ^ a b 2017北広島の都市計画 (PDF)”. 北広島市. 2018年1月8日閲覧。
  8. ^ a b 道道仁別大曲線(羊ヶ丘通)の供用開始について”. 札幌建設管理部. 空知総合振興局. 2017年4月1日閲覧。
  9. ^ 道路建設の歴史 - 年表”. 札幌市. 2017年2月24日閲覧。
  10. ^ 羊ケ丘通が全線開通 児童ら参加し記念式典”. フォト北海道(道新写真データベース). 北海道新聞社 (1990年12月1日). 2017年2月24日閲覧。
  11. ^ 平成13年(2001年)”. きよたの歴史. 札幌市清田区. 2017年2月24日閲覧。
  12. ^ 新規事業採択時評価結果(平成16年度新規事業化箇所) (PDF)”. 国土交通省. 2018年1月8日閲覧。
  13. ^ 羊ケ丘通が全面開通しました”. 北広島市. 2017年4月1日閲覧。

参考文献[編集]

関連項目[編集]