美しい夏キリシマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
美しい夏キリシマ
監督 黒木和雄
脚本 黒木和雄
松田正隆
製作 仙頭武則
出演者 柄本佑
小田エリカ
石田えり
香川照之
原田芳雄
音楽 松村禎三
撮影 田村正毅
編集 阿部亙英
配給 パンドラ
公開 日本の旗 2003年12月6日
上映時間 118分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

美しい夏キリシマ』(うつくしいなつキリシマ)は、2003年公開の日本映画。製作会社はランブルフィッシュで、配給はパンドラ。監督・脚本は黒木和雄で、柄本佑は映画初出演にして初主演。「戦争レクイエム三部作」の2作目。文部科学省選定、日本映画ペンクラブ特別推薦、優秀映画鑑賞会推薦作品。戦争映画

ストーリー[編集]

1945年8月、霧島を望む宮崎のある農村。 空襲で同級生を失ったショックから体調を崩し肺浸潤と診断された中学3年生の日高康夫は、満州に住む両親と別れ、厳格な祖父・重徳と優しい祖母・しげの下でぼんやりと自宅療養の日々を送っていた。

そんな彼に、想いを寄せる従姉の世津子。だが、彼女の気持ちを察するほど、彼は大人ではない。村には中国大陸から引き揚げた兵士たちが駐屯し、本土決戦に備えて演習に余念がなかった。 その中のひとり・豊島一等兵は、日高家の奉公人であるなつの小作人の母・イネと密会を重ねている。

日高家のもうひとりの奉公人・はるが、重徳の強い勧めで戦地で片足を失い帰国した秀行と結婚することになった。はるの祝言に合わせ、嫁ぎ先の都城から里帰りした康夫の叔母・美也子は、出撃を控えた海軍少尉・浅井と秘かな想いを通わせていたが、彼を戦地へ送り出す日が来てしまう。

ある日、空襲で見殺しにした友人の幼い妹・波に許しを乞いに行った康夫は、彼女に兄の仇を討ってくれるよう言われる。ところが、何を相手に戦えばいいか判らない彼は、ただ竹槍を携えて掘った穴に身を潜めるばかりだ。

やがて、終戦が訪れた。信じていたものを失った重徳は一気に老け、イネはひとり息子の稔を連れて村を出て行った。そして、康夫は進駐して来たアメリカ軍に竹槍を振り回すも、彼らが威嚇発砲した銃の音に驚き倒れる。

スタッフ[編集]

  • 監督・脚本:黒木和雄
  • 助監督:原正弘
  • 脚本:松田正隆
  • プロデューサー:仙頭武則
  • ラインプロデューサー:金森保
  • 製作統括:中村哲也
  • 撮影:田村正毅
  • 音楽:松村禎三
  • 美術:磯見俊裕
  • 装置:平子吉文、亀園政文
  • 装飾:須坂文昭
  • 録音:久保田幸雄
  • 音響効果:帆苅幸雄
  • 照明:佐藤譲
  • 編集:阿部亙英
  • 衣装:二宮義夫、宮本茉莉
  • ヘアメイク:小堺なな
  • スクリプター:内田絢子
  • 題字:赤松陽構造
  • キャスティング:近藤亮一
  • プロダクションマネージャー:刈屋真

キャスト[編集]

受賞[編集]

  • 第77回 キネマ旬報ベストテン 日本映画ベスト・ワン/日本映画監督賞/新人男優賞
  • 日本映画ペンクラブ会員選出ベスト5 日本映画第1位
  • 日本映画批評家大賞 新人賞/助演男優賞(香川照之)
  • 第29回 報知映画賞 助演男優賞(原田芳雄)
  • 第17回 日刊スポーツ映画大賞 監督賞
  • 第22回 日本映画復興賞

学術的参考文献[編集]

先代:
TOMORROW 明日
戦争レクイエム三部作
2作目
次代:
父と暮せば