美並村立下川小学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
美並村立下川小学校
国公私立の別 公立学校
設置者 美並村
設立年月日 1873年
閉校年月日 1970年
共学・別学 男女共学
所在地 501-4106
岐阜県郡上市美並町白山[注釈 1]
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

美並村立下川小学校(みなみそんりつ しもかわしょうがっこう)は、かつて岐阜県郡上郡美並村(現・郡上市)に存在した公立小学校

概要[編集]

  • 郡上郡美並村の南部(旧・郡上郡下川村)の小学校であった。1970年廃校。
  • 校舎は三城小学校下川分教室として、1971年3月26日まで使用された。

沿革[編集]

  • 1873年(明治6年)
  • 1874年(明治7年) - 紫烈義校が白山学校、梅原義校が梅原学校に改称する。
  • 1875年(明治8年)1月 -
    • 上苅安村、下苅安村、新羽根村、野尻村、福野村が合併し、白山村が発足。同時に福野地区が大矢学校から白山学校に移る。
  • 1879年(明治12年) - 梅原学校が移転。臨川学校に改称する。
  • 1880年(明治13年)6月 - 臨川学校が新築移転。
  • 1882年(明治15年) - 白山学校が新築移転。
  • 1886年(明治19年) - 白山学校が白山簡易科小学校、臨川学校が梅原簡易科小学校に改称する。
  • 1888年(明治21年)
    • 1月23日 - 類焼により白山簡易科小学校校舎が全焼。白山簡易科小学校は一時休校を余儀なくされる。
    • 4月 - 白山簡易科小学校が休校となり、再建まで白山村の児童は大原村の、大原簡易科小学校に委託される。
  • 1889年(明治22年)4月 - 白山簡易科小学校が再建され、大原簡易科小学校への委託を解消。このころ、各簡易科小学校は尋常小学校となる。
  • 1897年(明治30年)4月1日 - 梅原村三戸村白山村大原村が合併し、下川村が発足。
  • 1898年(明治31年)
  • 1904年(明治37年) - 農業補習学校を併設。
  • 1912年(大正元年)9月23日 - 暴風雨により校舎の一部が倒壊。
  • 1913年(大正2年) - 校舎を再建。
  • 1921年(大正10年) - 家事科を設置。
  • 1941年(昭和16年)4月1日 - 白山国民学校に改称する。
  • 1947年(昭和22年)4月1日 - 下川村立下川小学校に改称する。校舎の一部を郡上郡学校組合立郡南中学校として使用。
  • 1948年(昭和23年)12月 - 郡南中学校が旧・興和青年学校[注釈 4]に移り、下川小学校での授業は廃止。
  • 1954年(昭和29年)11月1日 - 嵩田村下川村が合併し、美並村が発足。同時に美並村立下川小学校に改称する。
  • 1970年(昭和45年)3月 - 高山小学校と統合し、三城小学校の新設により廃校。三城小学校下川分教室となる。
  • 1971年(昭和46年)3月26日 - 下川分教室が廃止。

参考文献[編集]

  • 美並村史 通史編 下巻 (美並村教育委員会 1984年) P.211 - 250

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 現在の住所表記。
  2. ^ 現・郡上市美並町白山808-1にある寺院。
  3. ^ 下川村が発足したばかりであり、「下川」の名称に違和感があった住民の要望で、旧称の白山が復活した。
  4. ^ 1940年に上田農業青年学校、高山農業青年学校、下川農業青年学校を統合して開校した下川村嵩田村組合立の青年学校

関連項目[編集]