美作共同バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社 美作共同バス
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
707-0416
岡山県美作市今岡754-7
設立 2009年7月
業種 陸運業
法人番号 4260001021148
事業内容 乗合バス事業
代表者 代表取締役 中尾正明
資本金 900万円
主要株主 のと香
吉野自動車
外部リンク https://www.mimakyobus.com
テンプレートを表示

株式会社美作共同バス(みまさかきょうどうバス)は、岡山県美作市に本社を置くバス事業者である。

概要[編集]

神姫バスの岡山地区の一般路線の廃止・撤退に伴い、美作市内に拠点を置く観光バス事業各社が共同出資して設立された。 神姫バスが廃止した「津山~大原線」のうち、勝間田~大原間と真加部~大原間、後山~大原~大原中学校間を譲り受けた。これと同じくして、神姫バス所有のバス停ポールが美作共同バスに譲渡され、社名表記を変更した上で美作共同バスの停留所として使用されている。そのため、バス停ポールが神姫バス仕様となっている。

神姫バスとは異なり、NicoPa全国交通系ICカードは使用できない。

出資会社[編集]

  • のと香
  • 吉野自動車

本社・営業所・運行拠点[編集]

沿革[編集]

  • 2009年7月 - 株式会社美作共同バスとして、資本金300万円で設立。現在900万円
  • 2009年10月1日 - 神姫バス岡山地区一般路線廃止・撤退に伴い、4路線を譲り受けて営業を開始。
  • 2012年4月1日 - 大原 - 真加部 - 勝間田線の運行経路を変更。
  • 2013年9月 - 4社撤退。

運行路線[編集]

車両[編集]

勝間田駅にて(2019年2月20日)
  • 5両を所有し通常は4両を使用する。美作市が当社のバスの購入費を助成。関東地区のNOx規制対象車を中古導入して対応した。
  • 車両は富士重工8E車体の日デJPが4両(3両が短尺仕様で1両が標準仕様)と、富士重工7E車体のいすゞLTが1両である。2015年に日野リエッセを導入した。2018年に中国バスから日野KC-HU3KLCAを導入した。

移籍車の供給元[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]