美作勝山藩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

勝山藩(かつやまはん)は、美作国真島郡勝山(岡山県真庭市勝山)に拠点を置いた。藩庁は勝山城に置かれた。高田藩(たかだはん、たかたはん)、美作高田藩(みまさか たかだはん、みまさか たかたはん)とも称される。藩主家は三浦氏

藩史[編集]

江戸時代中期の明和元年(1764年譜代大名三浦明次三河国西尾藩より転封。真島郡内の96村と大庭郡内の1村を与えられ2万3千石で立藩した。真島郡高田村の高田城を藩庁としたため、当初は高田藩などとも称されるが、しばらくして、高田城を勝山城に改称し、これを受けて勝山藩と称されるようになる[1]

2代矩次は真島郡新庄村(現・真庭郡新庄村)にある鉱山経営を奨励し財源確保に努めた。幕末には鉄鉱山は藩営となった。

明治2年(1869年真島藩(ましまはん)と改称。明治4年(1871年廃藩置県により真島県となる。北条県を経て岡山県に編入された。

戦後、岡山県により勝山町並み保存地区に指定された。

歴代藩主[編集]

三浦家
譜代 2万3千石(1764年 - 1871年)
  1. 明次
  2. 矩次
  3. 前次
  4. 毘次
  5. 誠次
  6. 峻次
  7. 義次
  8. 朗次
  9. 弘次
  10. 顕次

家老など[編集]

  • 戸村家 - 佐竹氏の一族で、佐竹義人の三男義倭を祖とする。
    • 愛茂―愛治―愛忠―愛正―愛広―愛教―愛則(荘嶽)―愛重―愛之―益郎
  • 九津見家 - 足利氏の一族で、足利義視の子と言われる恒視を祖とする。
    • 定利―定深―定春―典定―定羽=相休―定穀=定之=範陳―鏞太郎
  • その他

幕末の領地[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 藩の名称については、近代以降に学術上の便宜から過去の大名領の支配体制を呼称するようになったので、当時は正式な呼称はなかった。

参考文献[編集]

先代:
美作国
行政区の変遷
1764年 - 1971年 (勝山藩→真島藩→真島県)
次代:
北条県