美咲が丘駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
美咲が丘駅
駅全景(設計者:青木茂)
駅全景(設計者:青木茂
みさきがおか
Misakigaoka
JK08 筑前前原 (1.6km)
(1.1km) 加布里 JK10
所在地 福岡県糸島市荻浦482-10
駅番号 JK  09 
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 JK 筑肥線
キロ程 14.3km(姪浜起点)
電報略号 ミエ
駅構造 地上駅橋上駅
ホーム 1面1線
乗車人員
-統計年度-
1,034人/日(降車客含まず)
-2018年-
開業年月日 1995年平成7年)10月28日
備考 業務委託駅[1]
テンプレートを表示
美咲が丘口
右側の黄色い円筒が駅舎への通路
神在・荻浦口
駅の北側(線路を挟んで反対側の国道側)に出る場合はこの出入口のほうが近い

美咲が丘駅(みさきがおかえき)は、福岡県糸島市荻浦にある、九州旅客鉄道(JR九州)筑肥線である。駅番号はJK09

歴史[編集]

駅構造[編集]

単式ホーム1面1線を有する地上駅橋上駅舎を備える。駅南側の住宅地につながる美咲が丘口と、駅舎と住宅地の間の小道につながる神在・荻浦口がある。

JR九州サービスサポートが駅業務を行う業務委託駅である。また、マルスは無いがPOS端末が設置されている。自動改札機を備え、SUGOCAの使用が可能である。

利用状況[編集]

2018年(平成30年)度の1日平均乗車人員1,034人である[4]

JR九州及び糸島市統計白書によると、近年の1日平均乗車人員の推移は下記の通り。

年度 1日平均
乗車人員[5]
2005年 932
2006年 968
2007年 991
2008年 997
2009年 989
2010年 1,008
2011年 1,022
2012年 1,007
2013年 1,026
2014年 1,006
2015年 1,019
2016年 1,043
2017年 1,061
2018年 1,034

駅周辺[編集]

糸島市の中心市街地の西端。美咲が丘口の周辺はJR九州が開発を進めた美咲が丘[2]、南風台(みなかぜだい)の新興住宅地が広がる。駅の北側を国道202号が筑肥線に並行して通っているが、駅の北側と国道につながる出入口はない。各種店舗は国道沿いに多い。

  • 前原西中学校
  • 南風小学校
  • DIREX
  • 美咲亭
  • メガネのヨネザワ 美咲が丘店
  • マルキョウ ニュー前原店

バス路線[編集]

美咲が丘口から発着する。国道側の駅前にはバス停はない。

  • 糸島市コミュニティバス「はまぼう号」白糸線 - 南風台、前原、伊都文化会館、野添、本区、長野、白糸方面
  • 昭和バス 美咲が丘駅バス停

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道(JR九州)
JK 筑肥線
快速
通過
普通
筑前前原駅 (JK08) - 美咲が丘駅 (JK09) - 加布里駅 (JK10)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鉄道駅業務・旅行事業 福岡駅事業所”. JR九州サービスサポート株式会社. 2019年7月13日閲覧。
  2. ^ a b “JR九州 地域に大きな役割果たす”. 交通新聞 (東京都: 交通新聞社): p. 2. (2000年7月26日) 
  3. ^ 交通新聞 (交通新聞社): p. 3. (2010年3月16日) 
  4. ^ 駅別乗車人員上位300駅(2018年度) (PDF)”. 九州旅客鉄道. 2018年7月13日閲覧。
  5. ^ 糸島市統計白書(運輸・交通) 九州旅客鉄道駅別乗降者数(JR筑肥線)

関連項目[編集]