美幌駐屯地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
美幌駐屯地
所在地 北海道網走郡美幌町字田中
座標 北緯43度49分34秒 東経144度10分06秒 / 北緯43.82611度 東経144.16833度 / 43.82611; 144.16833座標: 北緯43度49分34秒 東経144度10分06秒 / 北緯43.82611度 東経144.16833度 / 43.82611; 144.16833
駐屯地司令 第6普通科連隊長
開設年 1951年
テンプレートを表示

美幌駐屯地(びほろちゅうとんち、JGSDF Camp Bihoro)とは、北海道網走郡美幌町字田中に所在し、第6普通科連隊等が駐屯している陸上自衛隊駐屯地である。

最寄の演習場は、美幌訓練場。駐屯地司令は、第6普通科連隊長が兼務。

沿革[編集]

日本海軍

警察予備隊

  • 1951年(昭和26年):警察予備隊の駐屯開始。
    • 5月1日:警察予備隊第2管区隊第62連隊が美幌駐屯地で新編。
    • 12月1日:第62連隊本部、本部中隊及び第4大隊が恵庭駐屯地に移駐。
  • 1952年(昭和27年)
    • 1月19日:部隊改編により、第62連隊第2大隊が第6連隊第1大隊に改編。
    • 1月26日:第6連隊本部が高田駐屯地から移駐。
    • 10月18日:連隊隷下に駐屯地管理隊・福祉隊(後の美幌駐屯地業務隊)が編成。
  • 1953年(昭和28年)9月1日:駐屯地管理隊・福祉隊が美幌駐屯地業務隊に改編。

陸上自衛隊

  • 1954年(昭和29年)
    • 7月1日:陸上自衛隊へ移管[1]。第6連隊が第6普通科連隊に称号変更。
    • 9月25日:第6普通科連隊第3大隊を美幌駐屯地において編成する。
  • 1962年(昭和37年)
    • 1月18日:第5管区隊が「第5師団」に改編、第6普通科連隊が再編され本部管理中隊及び4個普通科中隊、重迫撃砲中隊編成となる。
    • 7月10日:第105特科大隊が東千歳駐屯地から移駐。
  • 1969年(昭和44年)
    • 3月22日:第101特科大隊が滝川駐屯地から移駐。
    • 3月25日:第105特科大隊が廃止。
  • 2000年(平成12年)3月28日:北部方面後方支援隊第101特科直接支援大隊第1直接支援中隊第1直接支援小隊を新編。
  • 2004年(平成16年)3月26日:第5師団第5旅団への改編。
    1. 第6普通科連隊重迫撃砲中隊を廃止。
    2. 第5後方支援隊第2整備中隊第2普通科直接支援小隊を新編。
  • 2011年(平成23年)4月22日:第6普通科連隊第4普通科中隊を廃止。

駐屯部隊[編集]

第5旅団隷下部隊[編集]

北部方面隊隷下部隊[編集]

防衛大臣直轄部隊[編集]

過去の駐屯部隊[編集]

  • 第62連隊本部、本部中隊及び第4大隊:1951年(昭和26年)12月1日 恵庭駐屯地に移駐。
  • 第62連隊第2大隊:1952年(昭和27年)1月19日 部隊改編により、第6連隊第1大隊に改編。
  • 第105特科大隊:1969年(昭和44年)3月25日 廃止。

最寄の幹線交通[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 自衛隊法施行令(昭和29年6月30日政令第179号)”. 国立公文書館デジタルアーカイブ. 2016年5月28日閲覧。

関連項目[編集]