美延映夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
美延 映夫
みのべ てるお
生年月日 (1961-05-23) 1961年5月23日(59歳)
出生地 日本の旗 大阪府大阪市北区
出身校 神戸学院大学法学部
前職 服卸会社役員
大阪市会議員
所属政党自由民主党→)
大阪維新の会→)
日本維新の会/大阪維新の会
親族 美延郷子(母・元大阪市会議員)
公式サイト 衆議院第4選挙区支部長 美延映夫

選挙区 比例近畿ブロック大阪4区
当選回数 1回
在任期間 2020年4月16日 - 現職

選挙区 北区選挙区
当選回数 4回
在任期間 2003年4月30日 - 2017年9月27日
テンプレートを表示

美延 映夫(みのべ てるお、1961年5月23日 - )は、日本政治家日本維新の会所属の衆議院議員(1期)。大阪市会議員(4期)、大阪市会議長(第109代)を務めた。カタカナ表記の「ミノベテルオ」名義で活動することも多い。

来歴[編集]

大阪府大阪市北区生まれ[1]清風高等学校神戸学院大学法学部卒業[1]。大学卒業後、民間企業勤務を経て、2003年大阪市会議員選挙に北区選挙区から自由民主党公認で立候補し、初当選。以後、大阪市会議員を4期14年務める。2期目途中の2010年に自民党を離党し、大阪維新の会に参加。

2013年5月30日に第109代大阪市会議長に就任するも、自身の政治資金パーティーで市立高校吹奏楽部の生徒に演奏させたことが「教育の政治的中立性の侵害」として問題視され、同年9月26日不信任決議が可決された(後述)[2][3]。同年12月13日退任。

2017年9月27日、大阪市会議員を辞職[4]。同年の第48回衆議院議員総選挙大阪4区から日本維新の会公認で立候補したが自民党前職の中山泰秀に敗れ、比例においても次点で落選した[5]

2020年4月2日、同党の谷畑孝衆議院議員が体調不良を理由に議員を辞職したことを受け、同月16日、中央選挙管理会において比例近畿ブロック繰り上げ当選となった[6][7][8]

政策・主張[編集]

不祥事[編集]

政治資金パーティーでの市立高校吹奏楽部による演奏[編集]

2013年8月31日に開催された国会議員、市議、府議らと支援者ら約600人が参加した美延の議長就任を祝う政治資金パーティーに地元の市立高校の吹奏楽部を招き、演奏させていたほか、前年にも2回、パーティーで演奏させていた。このため、公明党、自民党、民主党系の3会派が「生徒を政治活動に関与させたのは不適切で、教育の政治的中立性を侵害した」と問題視し、パーティーに参加していた大阪維新の会代表橋下徹大阪市長は「(当時は)部活動なのか任意の参加なのか分からなかった」とした上で「個人の(政治家の)行事に、公立学校のクラブ活動として演奏するのは問題なんでしょうね」と述べた[11]

当時公明党は議会で維新と協力関係にあったが、維新幹事長(当時)の松井一郎大阪府知事が「嫌がらせの議会運営はやめた方がいい。(パーティーに)公明の議員も来てたわけでしょ」と名指しで公明党を牽制したため態度を硬化。美延は議員報酬の3ヶ月減額を提示して議長職続投に理解を求めたが、公明はこれを拒否し、9月26日の市議会で公明、自民、民主系の3会派の賛成で議長の不信任決議が可決された[3]。一方で共産党は3会派の動きを「維新への嫌がらせ」などと批判し、美延の行動は問題視しつつも辞職は重すぎるとして維新と共に不信任決議に反対した[12]。美延は不信任決議可決後も辞任を否定し、維新も辞任は求めずに本人の意向を尊重する方針を決めたが、最終的に美延は同年12月に辞任した[13][14]

脚注[編集]

  1. ^ a b ミノベテルオ プロフィール
  2. ^ 維新所属の議長不信任、大阪市議会が可決日本経済新聞2013年9月27日付
  3. ^ a b “橋下市長ピンチ! 維新議長の不信任に公明同調 他会派と溝深まり、改革険しく”. 産経新聞. (2013年9月26日). https://www.sankei.com/west/news/130926/wst1309260008-n1.html 2020年4月16日閲覧。 
  4. ^ 本人twitter
  5. ^ “2017衆院選 大阪4区”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/area/?kid=27#004 2020年4月3日閲覧。 
  6. ^ 『官報』第232号2頁 令和2年4月16日号 中央選挙管理会告示第八号「平成二十九年十月二十二日執行の衆議院比例代表選出議員選挙近畿選挙区における名簿届出政党等に係る欠員による繰上補充による当選人の住所及び氏名に関する件」
  7. ^ 維新・谷畑議員が辞職願を提出…去年から体調崩し入院 美延氏が繰り上げ当選へ毎日放送2020年4月2日付
  8. ^ 維新 美延映夫氏が繰り上げ当選NHK NEWS WEB2020年4月15日
  9. ^ a b c d e f g h “第48回衆院選 維新 大阪4区 美延 映夫”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/senkyo/48shu/meikan/?mid=D08014002004 2020年4月3日閲覧。 
  10. ^ 衆議院選挙2017/10/22タバコ対策の公開アンケート”. 「子どもに無煙環境を」推進協議会 (2017年10月24日). 2020年11月22日閲覧。
  11. ^ “大阪市議会議長パーティー、市立高吹奏楽部が演奏 後援会開催”. 日本経済新聞. (2013年9月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASHC1802B_Y3A910C1AC8000/ 2020年4月16日閲覧。 
  12. ^ “「ようわからん」松井氏も困惑 維新と〝犬猿〟の共産 維新の市議会議長の不信任決議案に反対”. 産経新聞. (2013年9月27日). https://www.sankei.com/west/news/130927/wst1309270013-n1.html 2020年4月16日閲覧。 
  13. ^ “大阪市議会議長の進退、本人の意向尊重 大阪維新”. 日本経済新聞. (2013年10月5日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASHC0404F_U3A001C1AC8000// 2020年4月16日閲覧。 
  14. ^ “維新と自公民、深まる溝 大阪市議会議長の不信任可決”. 日本経済新聞. (2013年10月6日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASHC0404R_V01C13A0AC8000/ 2020年4月16日閲覧。