美濃大久保駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
美濃大久保駅
美濃大久保駅跡(2006年8月)
美濃大久保駅跡(2006年8月)
みのおおくぼ
Mino-Ōkubo
美濃赤坂 (1.1km)
(0.8km) 昼飯
所在地 岐阜県不破郡赤坂町[1](現・大垣市赤坂町
所属事業者 西濃鉄道
所属路線 昼飯線
キロ程 1.1km(美濃赤坂起点)
駅構造 地上駅
開業年月日 1928年昭和3年)12月17日
廃止年月日 2006年平成18年)3月31日*
備考 路線廃止に伴い廃駅
* 1983年(昭和58年)9月より休止
テンプレートを表示
終端部から見た美濃大久保駅構内(2015年8月)
美濃大久保駅構内(2008年12月)。
荷役用ホームが残存する。

美濃大久保駅(みのおおくぼえき)は、かつて岐阜県大垣市赤坂町にあった西濃鉄道昼飯線貨物駅廃駅)である[2]

概要[編集]

当駅より石灰石輸送が行なわれていた。美濃赤坂駅方面からの貨物列車は、貨車機関車が押し、当駅で方向を換え機関車が貨車を牽引していた。逆に昼飯駅からの貨物列車は、貨車を機関車が押し、当駅で方向を換え機関車が貨車を牽引していた。貨物列車の設定がなくなってからは、当時西濃鉄道が受託していた廃貨車が構内に多数の貨車が留置されていたが、1997年2月24日に解体された。

歴史[編集]

駅構造[編集]

当駅はスイッチバック構造であり、駅構内は本線と2本の側線で構成されていた。隣接して古田石灰があり、石灰石の積み込みが行われていた。

駅周辺[編集]

  • 矢橋工業

隣の駅[編集]

西濃鉄道
昼飯線
美濃赤坂駅 - (貨)美濃大久保駅 - (貨)昼飯駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 鉄道停車場一覧. 昭和12年10月1日現在 国立国会図書館デジタルコレクション 2019年2月9日閲覧。
  2. ^ 昭和12年10月1日現在鉄道停車場一覧 - 国立国会図書館近代デジタルライブラリー
  3. ^ 「地方鉄道運輸開始」『官報』1928年12月24日 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  4. ^ a b 今尾恵介(監修)『日本鉄道旅行地図帳』7 東海、新潮社、2008年、40頁。ISBN 978-4-10-790025-8。

関連項目[編集]