美濃部貞亮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

美濃部 貞亮(みのべ ていりょう、1853年嘉永6年5月) - 1904年明治37年)8月19日[1])は、日本の弁護士政治家

経歴[編集]

尾張国出身[2]。山田松斎の門下にて学んだ後[2]明治法律学校(現明治大学)で[3]磯部四郎から学び[4]、1882年に仁杉英(のちの衆議院議員)らと共に、「治罪法詳解」を著した。名古屋にて弁護士を開業した後[2]、1888年愛知県会議員となり[2]、愛知県会副議長に就任。1890年の第1回衆議院議員総選挙で愛知県第11区から出馬し、当選した[4]

家族[編集]

曾孫がイオングループ創業者の岡田卓也。玄孫にはイオングループ経営者の岡田元也政治家岡田克也(外務大臣、元民主党党首)などがいる。

脚注[編集]

  1. ^ 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』 622頁
  2. ^ a b c d 明治新立志編』 302-303頁
  3. ^ 『明治大学百年史』 第三巻 通史編Ⅰ、358-359頁
  4. ^ a b 日本帝国国会議員正伝』 163-164頁

参考文献[編集]

  • 『治罪法詳解』報告社、1882年。
  • 木戸照陽 『日本帝国国会議員正伝』 田中宋栄堂、1890年。
  • 篠田正作 『明治新立志編』 鍾美堂、1891年。
  • 明治大学百年史編纂委員会 『明治大学百年史』 第三巻 通史編Ⅰ、1986年。
  • 衆議院・参議院 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』 大蔵省印刷局、1990年。

関連項目[編集]