美濃電気軌道デワ600形電車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
美濃電デワ600形電動貨車
基本情報
製造所 名古屋電車製作所
製造年 1922年大正11年)
製造数 5
主要諸元
電気方式 直流600V(架空電車線方式)
荷重 3.0t
自重 6.6t
全長 7,569mm
全幅 2,184mm
全高 3,426mm
台車 ブリル21E
主電動機出力 50PS
搭載数 2
テンプレートを表示

美濃電気軌道デワ600形電動貨車(みのでんききどうデワ600がたでんしゃ)は、美濃電気軌道(美濃電)が1922年大正11年)に新製した電動貨車。美濃電の名岐鉄道合併後、デワ20形と改称されている。

一部は電装解除され、ワフ200形となった。

沿革[編集]

1922年(大正11年)に名古屋電車製作所で製造された電動貨車であり、5両(601 - 605)が存在した。

車体は木造。2軸車で集電装置トロリーポール台車ブリル21E。50PSの電動機を2基装備していた。貨物搭載量は5.5tという。主に美濃和紙などを輸送したという。

後に603 - 605は電装解除され、貨車ワフ200形(205 - 207)となるが、601と602は電動貨車のまま残り、名古屋鉄道となった1941年(昭和16年)にデワ20形21・22と改称された。21は太平洋戦争空襲岐阜空襲)で被災し、復旧されずに廃車となった。

残った22は固定軸距の延長、ビューゲル化などの改造を受け、美濃町線を中心に運行されるが、揖斐線の輸送に使用されることもあった。1964年(昭和39年)に廃車された。

主要諸元[編集]

  • 全長:7,569mm
  • 全幅:2,184mm
  • 全高:3,426mm
  • 自量:6.6t
  • 荷重:3.0t
  • 電気方式:直流600V(架空電車線方式)
  • 台車:ブリル21-E
  • 主電動機:50PS×2基

ワフ200形[編集]

美濃電ワフ200形貨車
基本情報
車種 有蓋車
種車 初期車:4t積み電動貨車
後期車:デワ600形電動貨車
改造年 初期車:1918年(大正7年)
後期車:1927年(昭和2年)頃
改造数 初期車:3
後期車:3
廃車1953年(昭和28年)
テンプレートを表示

元は、美濃電気軌道が美濃町線で貨物輸送を開始した1913年(大正2年)に新造された3両の電動貨車[1]1918年(大正7年)に電装解除した貨車(有蓋車)である。

当初はこの3両(201 - 203)が運用されていたが、1927年(昭和2年)に老朽化のため2両(201,202)が廃車となる。その不足分を補うためにデワ600形電動貨車のうち3両(603 - 605)が電装解除されワフ200形に編入(205 - 207)となる。

貨物量減少もあり、1953年(昭和28年)までに全車が廃車となる。

脚注[編集]

  1. ^ 形式不明。4tの積載量を持ち、出力は50PS(25PS×2)であったという。