美穂圭子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

美穂 圭子(みほ けいこ、9月22日[1] - )は、宝塚歌劇団専科に所属する女役[2][3]

大阪府茨木市[1][4]府立福井高等学校出身[1]。身長163cm[1]。愛称は「けいこ」[1]

来歴[編集]

1987年、宝塚音楽学校入学。

1989年、宝塚歌劇団に75期生として入団[5][4]。入団時の成績は3番[6]星組公演「春の踊りディガ・ディガ・ドゥ」で初舞台[1][5][7]

1990年、組まわりを経て雪組に配属[5][7]

音大進学を目指していたという歌唱力を武器に[4]、2001年のショー「パッサージュ」で、大劇場初のエトワールに抜擢[2]。その後もたびたびエトワールを務め、歌手として多く起用される[4]

2008年3月31日付で専科へと異動[8][3]。専科異動後は、たおやかな物腰のベテラン娘役として、各組に特別出演を続けている[4][3]

2019年、宝塚入団30周年を迎え、自身初となるサロンコンサート「Dramatic Rose!!」を開催[2]

主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

雪組時代[編集]

専科時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 1990年12月、一路真輝ディナーショー『夢飛行』
  • 1991年10月、第三十二回『宝塚舞踊会』
  • 1992年10月、第三十三回『宝塚舞踊会』
  • 1993年7月、『'93宝塚パリ祭』
  • 1993年10月、第三十四回『宝塚舞踊会』
  • 1995年7・9 - 10月、轟悠ディナーショー『愛、そして…』
  • 1995年12月、一路真輝ディナーショー『Love Songs』
  • 1996年5月、一路真輝ディナーショー『Love Songs』
  • 1997年6月、轟悠ディナーショー『L'hortensia de Juin』
  • 2000年1月、安蘭けいディナーショー『ラフ・タイム』
  • 2000年11月、紫吹淳ライブコンサート『ALL ABOUT RIKA』
  • 2001年4月、『雪組エンカレッジ・コンサート
  • 2002年1月、『逸翁デー-タカラヅカ・ホーム・カミング-』
  • 2002年10月、『Switch-75thコラボレーション-』[4]
  • 2002年10月、第四十三回『宝塚舞踊会』
  • 2003年1月、『清く正しく美しく-逸翁に捧げる宝塚ナウ-』
  • 2003年1月、『逸翁デー-タカラヅカ・ホーム・カミング-』
  • 2003年9月、『レビュー記念日』
  • 2004年1月、『Doki・Doki・Night』(外部出演)[4]
  • 2005年1月、『逸翁デー-タカラヅカ・ホーム・カミング-』
  • 2005年12月、『花の道 夢の道 永遠の道』
  • 2007年1月、小林一三没後50年追悼スペシャル『清く正しく美しく』-この教え護り続けて-
  • 2008年6月、第2回『イゾラベッラ サロンコンサート』 主演
  • 2008年10月、第四十九回『宝塚舞踊会』
  • 2009年11月、第50回記念『宝塚舞踊会』
  • 2014年4月、宝塚歌劇100周年 夢の祭典『時を奏でるスミレの花たち』
  • 2015年10月、『SUPER GIFT! from Takarazuka stars』(外部出演)[3]
  • 2016年12 - 2017年1月、『エリザベート TAKARAZUKA20周年 スペシャル・ガラ・コンサート』(外部出演)
  • 2017年10月、第54回『宝塚舞踊会』
  • 2018年5月、『凱旋門』前夜祭
  • 2019年6月、『吉崎憲治&岡田敬二 ロマンチックコンサート』(外部出演)
  • 2019年9月、美穂圭子サロンコンサート『Dramatic Rose!!〜あなたがいたから〜』 主演[2]
  • 2019年10月、第55回『宝塚舞踊会〜祝舞御代煌(いわいまうみよのきらめき)〜』

受賞歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 『宝塚おとめ 2020年度版』 宝塚クリエイティブアーツ、2020年、11頁。ISBN 978-4-86649-125-7。
  2. ^ a b c d e f g 美穂圭子サロンコンサート「Dramatic Rose!!〜あなたがいたから〜」('19年・宝塚ホテル) タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  3. ^ a b c d e f 専科、舞台に深みプラス 出演の3人、心意気語る スターファイル。
  4. ^ a b c d e f g h i j k 雪組 美穂圭子:圭子は本名/The name of タカラジェンヌ 産経新聞。
  5. ^ a b c d Talk Variety オシエテ!? #1「五峰亜季・美穂圭子」 タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  6. ^ 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』P.101 小林公一・監修 阪急コミュニケーションズ 2014年4月1日。ISBN 9784484146010。
  7. ^ a b c 舞台に懸ける#51「美穂圭子」 タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  8. ^ 雪組副組長 灯奈美が退団 後任は未来優希 産経新聞。