美羽あさひ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
みわ あさひ
美羽 あさひ
生年月日 (1981-07-15) 1981年7月15日(40歳)
出身地 日本の旗 日本 広島県広島市
身長 162cm
血液型 A型
職業 女優歌手
ジャンル 舞台
活動期間 1999年 -
活動内容 1999年:宝塚歌劇団入団、宙組配属
2009年:宝塚歌劇団退団、芸能活動再開
配偶者 既婚
事務所 オーチャード
公式サイト 美羽あさひ 公式プロフィール
備考
宝塚歌劇団卒業生
テンプレートを表示

美羽 あさひ(みわ あさひ、1981年[1][2]7月15日[3][2] - )は、日本女優歌手。元宝塚歌劇団宙組の娘役スター[4][2]

広島県広島市[3]市立美鈴が丘中学校出身[3]。身長162cm[1]。血液型A型[5]。愛称は「まさみ」、「まちゃみ」、「美マン」[3]

所属事務所はオーチャード[1]

来歴[編集]

1997年、宝塚音楽学校入学。

1999年、宝塚歌劇団に85期生として入団[4][6][2]。入団時の成績は3番[7]雪組公演「再会ノバ・ボサ・ノバ」で初舞台[7][4]。組まわりを経て宙組に配属[4][6]

美しい歌声とダンスで注目を集め、2000年の「望郷は海を越えて」で新人公演初ヒロイン[7][6][4][8]。その後も3度に渡って新人公演ヒロインを務める[7]

2002年、「エイジ・オブ・イノセンス」(バウホール日本青年館公演)で、ふづき美世とバウホール・東上公演ダブルヒロイン[7][4]

2005年の「Le Petit Jardin」でバウホール公演ヒロイン[7]

2007年、「NEVER SLEEP」(バウホール・日本青年館公演)で、バウホール・東上公演単独初ヒロイン[7]

2008年のショー「Passion 愛の旅」では、トップ娘役・陽月華の休演に伴い、代役としてヒロインを演じる[9][6][2]

2009年、「逆転裁判」(バウホール・日本青年館公演)で、2度目の東上公演単独ヒロイン[4]。宙組の2番手娘役として活躍したが[2][1]、同年7月5日、大和悠河・陽月華トップコンビ退団公演となる「薔薇に降る雨/Amour それは…」東京公演千秋楽をもって、宝塚歌劇団を退団[6]

退団後は舞台を中心に芸能活動を再開。

2015年の自身の34歳の誕生日に結婚したことを報告[2]

2016年に長女を、2018年には次女を出産している[10]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

初舞台[編集]

組まわり[編集]

宙組時代[編集]

出演イベント[編集]

  • 2000年9月、TCAスペシャル2000『KING OF REVUE』
  • 2000年12月、『アデューTAKARAZUKA1000days劇場サヨナライベント』
  • 2001年6月、TCAスペシャル2001『タカラヅカ夢世紀』
  • 2001年9月、『ベルサイユのばら メモランダム』
  • 2002年11月、『アキコ・カンダレッスン発表会』
  • 2004年3月、安蘭けいディナーショー『Sense』
  • 2004年7月、TCAスペシャル2004『タカラヅカ90』
  • 2004年9月、安蘭けいディナーショー『Sense』
  • 2005年4月、TCAスペシャル2005『Beautiful Melody Beautiful Romance』
  • 2005年12月、『花の道 夢の道 永遠の道』
  • 2006年9月、TCAスペシャル2006『ワンダフル・ドリーマーズ』
  • 2006年9月、貴城けいコンサート『I have a dream』
  • 2007年9月、『TAKARAZUKA SKY STAGE5th Anniversary Special』
  • 2009年5月、陽月華ミュージック・サロン『STAY GOLD』

宝塚歌劇団退団後の主な活動[編集]

舞台[編集]

  • 2010年3月、「CLUB SEVEN 6th stage!」(天王洲銀河劇場)
  • 2010年6月 - 7月、「ROCK'N JAM MUSICAL Ⅲ」(紀伊国屋ホール)
  • 2010年12月、SINK STAGE2「生命 over there…」(シアター風姿花伝)
  • 2011年8月、SINK STAGE3 「鳥籠」(サンモールスタジオ)
  • 2012年4月、「道化の瞳」(シアタークリエ・愛知県芸術劇場大ホール・金沢歌劇座・サンケイホールブリーゼ)
  • 2012年8月、ミュージカル「パルレVol.3」(三越劇場)
  • 2012年10月、SINK STAGE4 「欲望」(シアターKASSAI)
  • 2012年12月、SCARECROWS16「雨」(萬劇場)
  • 2013年7月 - 8月、「少女コゼット〜Les Miserables〜」(ルネこだいら・大ホール他全国ツアー)
  • 2013年9月、abc★赤坂ボーイズキャバレー『裏』FINAL!『最後の充電』(博品館劇場)
  • 2013年11月 - 12月、音楽座ミュージカル「ラブ・レター」(新宿文化センター大ホール・シアターBRAVA!・足利市民プラザ文化ホール・幸田町民会館さくらホール・町田市民ホール)
  • 2014年5-7月、音楽座ミュージカル「泣かないで」(町田市民ホール・本特殊陶業市民会館ビレッジホール・東京芸術劇場プレイハウス・上野学園ホール・シアターBRAVA!)
  • 2014年10 - 12月、音楽座ミュージカル「メトロに乗って」(町田市民ホール・新宿文化センター 大ホール・めぐろパーシモンホール 大ホール・大田区民ホール・アプリコ 大ホール・幸田町民会館さくらホール)
  • 2015年6 - 7月、音楽座ミュージカル「ラブレター」(東京芸術劇場プレイハウス・町田市民ホール・日本特殊陶業市民会館・アステールプラザ 大ホール)
  • 2015年10-11月、音楽劇「Sleeping Beauties〜夢をあやつるマムの女王」(三越劇場・兵庫県立芸術文化センター)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 美羽あさひ 公式プロフィール オーチャード。
  2. ^ a b c d e f g h 元宝塚・美羽あさひ結婚 デイリースポーツ。
  3. ^ a b c d 『宝塚おとめ 2009年度版』 阪急コミュニケーションズ、2009年、134頁。ISBN 978-4-484-09505-9。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l Memories of 美羽あさひ タカラヅカ・スカイ・ステージ。
  5. ^ プロフィール 美羽あさひオフィシャルブログ。
  6. ^ a b c d e f g h i 舞台『刀使ノ巫女』で学長役を演じる2人! 美羽あさひ&大湖せしる インタビュー 宝塚ジャーナル。
  7. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q The name of タカラジェンヌII 宙組 美羽あさひ 産経新聞ENAK。
  8. ^ a b 100年史(舞台), p. 311.
  9. ^ a b ゴージャス、シック&パワー 宙組の色合い深まる『Passion 愛の旅』 宝塚プレシャス。
  10. ^ 元宝塚娘役・美羽あさひ 第2子次女出産「姉妹のママ、楽しみます」 デイリースポーツ。
  11. ^ 100年史(舞台), p. 335.
  12. ^ 100年史(舞台), p. 312.
  13. ^ 100年史(舞台), p. 315.

参考文献[編集]

  • 監修・著作権者:小林公一『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡りつづけて(舞台編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日。ISBN 978-4-484-14600-3。