美術バトン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

美術バトン(びじゅつバトン)は、ホール劇場などに舞台機構として設置されているバトンのうち、主に各種の幕類や看板、舞台美術のセットなどを吊るして使用するバトンである。「鉄管」ともいう。

一般的な構造は鋼鉄製のパイプ状のもので、強度を持たせるために上下に二本のパイプを配して繋げた「トラスバトン」などがある。

また、舞台照明用のサスバトンが不足したり、サスバトンでは任意の位置に照明器具=灯体を吊れない際には、舞台面のコンセントなどから照明回路をコードで立ち上げ、サスバトン代わりに使用されることも多い。

関連項目[編集]