美里夢乃

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

美里 夢乃(みさと ゆめの、3月10日 - )は、元宝塚歌劇団月組の娘役[1]

鹿児島県鹿児島市鹿児島県立武岡台高等学校出身[2]。身長162cm[2]。愛称は「みっこ」[2]

来歴[編集]

宝塚歌劇団時代の主な舞台[編集]

舞台歴に関しては、公式サイトを参照・引用[5]

  • 2009年10月-12月: 『ラスト プレイ-祈りのように-/Heat on Beat!(ヒート オン ビート)』
  • 2010年4月-7月 : 『THE SCARLET PIMPERNEL(スカーレット ピンパーネル)』
  • 2010年9月-11月: 『ジプシー男爵-Der Zigeuner Baron-/Rhapsodic Moon(ラプソディック・ムーン)』
  • 2011年3月-5月: 『バラの国の王子/ONE-私が愛したものは…-』
  • 2011年7月-10月 : 『アルジェの男』新人公演:レナ(本役:真凜カンナ)/『Dance Romanesque(ダンス ロマネスク)』
  • 2011年11月-12月 : 全国ツアー『我が愛は山の彼方に』/『Dance Romanesque(ダンス ロマネスク)』
  • 2012年2月-4月: 『エドワード8世-王冠を賭けた恋-』新人公演:メアリー・バーク(本役:華那みかり)/『Misty Station-霧の終着駅-』
  • 2012年6月-9月: 『ロミオとジュリエット
  • 2012年10月-11月: 全国ツアー『愛するには短すぎる』/『Heat on Beat!(ヒート オン ビート)』
  • 2013年1月-3月: 『ベルサイユのばら-オスカルとアンドレ編-』新人公演:マリー・ルイーズ(本役:都月みあ
  • 2013年5月: 梅田芸術劇場メインホール『ME AND MY GIRL』
  • 2013年7月-10月:『ルパン -ARSÈNE LUPIN-』/『Fantastic Energy!』
  • 2013年11月-12月: 全国ツアー『JIN-仁-』お春(武家娘)/『Fantastic Energy!』
  • 2014年1月: 梅田芸術劇場メインホール『風と共に去りぬ』ベティ
  • 2014年3月-6月: 『宝塚をどり』/『明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-』新人公演:ミカエラ(本役:萌花ゆりあ)/『TAKARAZUKA 花詩集100!!』
  • 2014年7月-8月: 博多座公演『宝塚をどり』/『明日への指針 -センチュリー号の航海日誌-』/『TAKARAZUKA 花詩集100!!』
  • 2014年9月-12月:『PUCK(パック)』新人公演:キャッシー(本役:香咲蘭)/『CRYSTAL TAKARAZUKA-イメージの結晶-』
  • 2015年2月-3月:中日劇場公演『風と共に去りぬ』ベティ
  • 2015年4月-7月:『1789 -バスティーユの恋人たち-
  • 2015年8月-9月:宝塚バウホール公演『A-EN(エイエン)』(ARTHUR VERSION)ミリー
  • 2015年11月-2016年2月:『舞音-MANON-』『GOLDEN JAZZ』
  • 2016年3月-4月:全国ツアー『激情-ホセとカルメン-』『Apasionado!!III』
  • 2016年6月-9月:『NOBUNAGA〈信長〉-下天の夢-』『Forever LOVE!!』大弐
  • 2016年10月-11月:梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ/文京シビックホール公演『アーサー王伝説』
  • 2017年1月-3月:『グランドホテル』『カルーセル輪舞曲(ロンド)』 *退団公演

脚注[編集]

  1. ^ 美里夢乃プロフィール - 宝塚歌劇団公式ページ(2016年8月20日時点のアーカイブ
  2. ^ a b c 『宝塚おとめ 2013年度版』阪急コミュニケーションズ、2013年。ISBN 978-4-484-13506-9
  3. ^ 『宝塚歌劇100年史 虹の橋 渡り続けて(人物編)』阪急コミュニケーションズ、2014年4月1日、121ページ。ISBN 9784484146010
  4. ^ 本場大島紬クィーンブログ
  5. ^ 公演バックナンバー