美馬インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
美馬インターチェンジ
Mimainta 02.jpg
 入口
所属路線 E32 徳島自動車道
IC番号 5
料金所番号 08-770
本線標識の表記 国道438号標識 美馬 半田 貞光
【補助標識】
剣山
起点からの距離 52.7 km(徳島IC起点)
脇町IC (11.5 km)
(15.8 km) 吉野川SA/SIC
接続する一般道 国道438号標識 国道438号
供用開始日 1997年平成9年)12月3日
通行台数 x台/日
所在地 771-2106
徳島県美馬市美馬町字下突出85番地1
テンプレートを表示
出口

美馬インターチェンジ(みまインターチェンジ)は、徳島県美馬市美馬町字下突出にある徳島自動車道インターチェンジつるぎ町の最寄りインターチェンジである。

徳島県東部から香川県琴平方面に向かう場合、次の井川池田ICよりもこのICを利用したほうが、所要時間は短い。なお市名を冠したインターチェンジであるが、旧美馬町からとられたものであり、美馬市役所へは隣の脇町ICを利用する。

接続する道路[編集]

歴史[編集]

  • 1997年平成9年)12月3日 : 脇町IC - 美馬IC間開通に伴い、供用開始。
  • 1999年(平成11年)3月30日 : 美馬IC - 井川池田IC間開通。
  • 2019年令和元年)12月20日 : 国土交通省の社会実験事業として、高速道路一時退出実験の試行開始[1]ETC2.0搭載車に限定して、当ICで流出し、隣接する道の駅みまの里に立ち寄り後、1時間以内に当ICから再流入して順方向に利用の場合、目的地まで高速道路を降りずに利用した場合と同じ料金に調整される。)。
  • 2020年(令和2年)3月27日 : 高速道路一時退出実験の退出可能時間がそれまでの1時間以内から3時間以内に引き上げられる[2]

美馬バスストップ[編集]

美馬バスストップ(みまバスストップ)は、美馬インターチェンジに併設された高速バスバス停留所。停留所設備は高速道路施設外に設けられており、停車するバスはいったん料金所を出て客扱いを行う。

高速バス利用者専用駐車場あり。

料金所[編集]

入口[編集]

  • ブース数 : 2
2ブースともETC専用および一般またはETC・一般の可変式ブース

出口[編集]

  • ブース数 : 2
    • ETC専用および一般またはETC・一般の可変式 : 1
    • 一般(精算機) : 1

[編集]

E32 徳島自動車道
(4) 脇町IC - (5) 美馬IC - 吉野川SA/スマートIC - (6) 井川池田IC

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 12月20日実験開始 「道の駅」が高速道路の立ち寄り施設に 〜徳島自動車道 美馬ICから道の駅「みまの里」への一時退出〜 (PDF)”. 国土交通省四国地方整備局・西日本高速道路株式会社 (2019年12月6日). 2020年1月18日閲覧。
  2. ^ 高速道路からの一時退出を可能とする「賢い料金」の実施について (PDF)”. 国土交通省道路局 (2020年3月13日). 2020年5月3日閲覧。

関連項目[編集]