群衆 (1941年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
群衆
Meet John Doe
Poster - Meet John Doe 01.jpg
映画のポスター
監督 フランク・キャプラ
脚本 ロバート・リスキン
原作 リチャード・コンネル
出演者 ゲイリー・クーパー
バーバラ・スタンウィックほか
音楽 ディミトリ・ティオムキン
公開

アメリカ合衆国の旗1941年5月3日

日本の旗1951年6月15日
上映時間 122分
製作国 アメリカ
言語 英語
テンプレートを表示

群衆』(ぐんしゅう、原題: Meet John Doe)は、1941年アメリカ映画。監督はフランク・キャプラ

作品情報[編集]

フランク・キャプラと脚本家のロバート・リスキンが最後に手を組んだコメディ映画。でっちあげられた新聞のコラムから物語が展開する「草の根運動」をテーマにした映画である。

この映画は興行的にも大成功をおさめ、その年のアカデミー賞にノミネートされた。また、アメリカ映画協会が選ぶ「感動の映画ベスト100」では49位に選出されている。

公開の28年後である1969年に著作権登録を更新できなかったため、現在はアメリカにおいてはパブリックドメインになっている。

キャプラは最初からゲイリー・クーパーをジョン・ドゥー役にするつもりであったが、クーパーは『オペラハット』ですでにキャプラ作品の主演を務めていたことや、ずっとバーバラ・スタンウィックとの共演を望んでいたため、映画の内容を知るまでもなく、この役のオファーを快く引き受けた。

あらすじ[編集]

クビを切られることとなった新聞社のアン(バーバラ・スタンウィック)は苦肉の策として、クリスマスイブの夜に市庁舎の屋上から飛び降りることを旨とする、ジョン・ドゥーという架空の人物による投書をでっちあげる。この投書が新聞に載るや否や、反響は凄まじいものになる。発行部数を伸ばしたい新聞社は、この投書のジョン・ドゥーという人物を誰か雇って演じさせ、新聞記事にしたりと商売にしようとたくらむ。そこで選ばれたのは、たまたま新聞の求人広告を見て新聞社を訪れた、現在無職の元野球選手(ゲイリー・クーパー)だった。彼はラジオ出演や講演会などをこなしていき、アメリカの人気者となり、さらには彼の精神を崇拝する者たちがジョンドゥークラブを作ったりと、一大ムーブメントとなる。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]