群馬大学教育学部附属中学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
群馬大学教育学部附属中学校
Junior High School Affiliated with Gunma University School of Education.JPG
過去の名称 群馬大学学芸学部附属中学校
群馬大学教育学部附属中学校
国公私立 国立学校
設置者 国立大学法人群馬大学
校訓 心豊かに互いを生かす
知性を高め未来を創る
たくましい心と体に育ち合う
設立年月日 1947年(昭和22年)4月1日
共学・別学 男女共学
小中一貫教育 群馬大学教育学部附属中学校
学期 3学期制
所在地 371-0052
群馬県前橋市上沖町612番地
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:学校/中学校テンプレート
テンプレートを表示

群馬大学教育学部附属中学校(ぐんまだいがくきょういくがくぶふぞくちゅうがっこう)は、群馬県前橋市にある群馬大学教育学部に附属する国立中学校

沿革[編集]

  • 1947年(昭和22年)4月1日 学校教育法の施行に伴い、群馬師範学校の附属中学校として設置。
  • 1951年(昭和26年)4月1日 群馬大学学芸学部附属中学校に改称。
  • 1966年(昭和41年)4月1日 群馬大学教育学部附属中学校に改称。
  • 2004年(平成16年)4月1日 国立大学法人群馬大学教育学部附属中学校に改称。

教育目標[編集]

  • 心豊かに互いを生かす(共生)
  • 知性を高め未来を創る(創造)
  • たくましい心と体に育ち合う(健康)

特色[編集]

群馬大学教育学部附属小学校と同じく、群馬大学教育学部と連携した、優れた教員を養成するための教育実習校として、全国的な視野に立った教育研究の実証校(公開研究会)の実施、群馬県採用教員初任者研修会の実施、幼稚園小学校中学校の連携による一貫教育の推進、幼稚園・小学校・中学校・養護学校間の交流教育の実施を目的に設置された、群馬県内一の教育研究機関としての中学校。そのため、生徒だけでなく、教員の養成をも目的とした教育がなされており、県内では珍しい、 独自の教育課程入学者選抜小中一貫教育などを行っている。他の公立学校と授業進度・内容を変えて、研究のデータとして利用している。

また、教員も公立学校と違い、8年を超えて勤務することができ、国立に分類されるが、校風としては私立中学校に近いものがある。

前橋市内に限らず広範囲から生徒が通学している。附属高校は存在しない為、ほぼ全員が外部の高校へ進学する。生徒の多くは市内にある群馬県立前橋高等学校並びに群馬県立前橋女子高等学校へ進学し、両高校在籍生徒の出身中学校では最も多数を占めている。

入学者選抜[編集]

群馬大学教育学部附属小学校からの卒業生、1学年150名前後を新入生として受け入れるが、中学校側の定員は160名で、転出者を含めると毎年15人程度の不足が生ずる。 それを補うため、一般公募で公立小学校からの新入生を受け入れる。群馬大学教育学部附属小学校は前橋市内に在住する者しか試験を受けられないが、群馬大学教育学部附属中学校は「自分で通うこと」を原則として、近隣市町村からも新入生を受け入れる。毎年のように志願者が大幅に多く、入学者選抜試験をして合格者を入学させる。男女比が等しくなるように取っているため、毎年入学者は男76名、女子60名。1クラスは34人で、4クラス計136人で1学年となる。

著名な卒業生[編集]

所在地[編集]

  • 群馬県前橋市上沖町612番地

関連項目[編集]