群馬工業高等専門学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
群馬工業高等専門学校
Gthumb.svg
略称 群馬高専
英称 National Institute of Technology, Gunma College (NIT, Gunma College)
設置者 国立高等専門学校機構
種別 国立工業高等専門学校
設立年 1962年
学科 機械工学科
電子メディア工学科
電子情報工学科
物質工学科
環境都市工学科
専攻科 生産システム工学専攻
環境工学専攻
所在地 371-8530
群馬県前橋市鳥羽町580番地

北緯36度22分37.61秒 東経139度1分27.16秒 / 北緯36.3771139度 東経139.0242111度 / 36.3771139; 139.0242111座標: 北緯36度22分37.61秒 東経139度1分27.16秒 / 北緯36.3771139度 東経139.0242111度 / 36.3771139; 139.0242111
ウェブサイト https://www.gunma-ct.ac.jp/
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

群馬工業高等専門学校(ぐんまこうぎょうこうとうせんもんがっこう、英称:National Institute of Technology, Gunma College)は、群馬県前橋市にある日本の国立高等専門学校である。1962年(昭和37年)に設置された。略称は群馬高専。本科5学科、専攻科2専攻を擁する。学校内に高崎市前橋市の市境が存在する。

2005年(平成17年)5月に専攻科「生産システム工学専攻・環境システム工学専攻」教育プログラムが工学(融合複合・新領域)関連分野で、日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定を受けた。

学科[編集]

本科(準学士課程)[編集]

定員は各学科とも1学年各40名。

専攻科(学士課程)[編集]

  • 生産システム工学専攻(略称 AP Advanced ProductionのAP)
    • 主に本科の機械工学科・電子メディア工学科・電子情報工学科の卒業生が対象
  • 環境工学専攻(略称 AE Advanced EnvironmentalのAE)
    • 主に物質工学科および環境都市工学科の卒業生が対象

各学科のより高度な学習・研究はもちろん、横断的な内容も取扱う。

校章・校歌[編集]

校章は、上毛三山をモチーフとした図柄に「高専」の字を入れたものである。また、群馬大学も同様の校章を用いている。

校歌は、1963年(昭和38年)12月19日に披露された。佐藤春夫作詞、信時潔作曲。現在は音楽の科目が廃止されたため、校歌を歌える学生は少ない。

施設[編集]

  • 図書館
    約8万冊の蔵書を有する。
  • 情報基盤センター(旧称:IT教育研究センター)
    1970年(昭和45年)度全国高専の中で初めて設置され、コンピュータが導入されている。2019年(平成31年)に最終更新。
  • 地域共同開発センター
    地域産業の技術開発推進のための拠点施設。共同研究や受託研究を行うための最新機器が設備されている。
  • 第一・第二体育館、武道館、プール、サッカー場、陸上競技場、野球場、ラグビー場、テニスコート
    体育の授業や、部、愛好会等の活動に使われている。
  • 正観寺沼
    一般的には西湖と呼ばれる。自然豊かな沼であるが、元は軍用の溜め池である。
  • メタセコイヤ並木
  • 各科棟
    機械・電子メディア・電子情報・物質工学(二棟)・環境都市・専攻
  • 群嶺会館
    食堂、売店、大会議室
  • 学生寮
  • 男子寮:鴻志寮(北、中、南の全三棟)、女子寮:藤寮(東)

学生会[編集]

全学生が会員となる学生会が組織されている。学生会には、さまざまな機関が置かれている。

学生総会[編集]

全会員によって構成される最高議決機関。

評議委員会[編集]

学生総会に次ぐ議決機関。

学生会執行部[編集]

学生総会や評議委員会での決定事項を執行する最高執行機関。

  • 総務局
  • 書記局
  • 会計局
  • 渉外局
  • 庶務局
  • 風紀局

各種委員会・特別委員会[編集]

学生会執行部の下に置かれる。

  • 学級委員会
  • 文化委員会
  • 体育委員会
  • 群嶺委員会
  • 新聞委員会
  • 環境委員会
  • 図書委員会
  • 特別委員会(評議委員会の承認を得ると組織される。)

学級・部・愛好会等[編集]

  • 学級(1・2年次は混合学級。3年次以降は学科ごとの学級となる。)
  • 運動部
    陸上競技部
    硬式野球部
    サッカー部
    バレーボール部
    バスケットボール部
    ソフトテニス部
    卓球部
    柔道部
    剣道部
    テニス部
    バドミントン部
    水泳部
    文化部
    吹奏楽部
    文芸部
    写真部
    美術部
    理科部
    茶道部
    SF研究部
    電算部
    演劇部
    将棋部
  • 愛好会等
    運動系愛好会等
    フットサル愛好会
    自転車愛好会
    文化系愛好会等
    ロボット研究会
    コンクリートカヌー愛好会
    エコノパワー愛好会
    構造デザイン研究会
    3Dデザイン研究会
    クイズ研究会

選挙管理委員会[編集]

会長・副会長を選出する選挙を運営する。

工華祭[編集]

隔年で開かれる学園祭「工華祭」がある。2日にわたって行われ、2日目の夜には花火が打ち上げられるのが伝統である。

沿革[編集]

  • 1962年(昭和37年)
    1月10日 - 前橋・高崎地区に高専の設置が決定
    1月2425日 - 1962年(昭和37年)度入学者選抜試験実施(志願者2,176名、競争率17.7倍)
    4月1日 - 国立学校設置法が改正され、国立高専第1期校12校の1つとして、群馬工業高等専門学校(機械工学科・電気工学科・土木工学科の3学科、定員各40名)が設置された。初代校長就任。前橋市立工業短期大学を仮校舎として事務を開始。
    4月23日 - 開校式及び第1回入学式を県営スポーツセンターにおいて挙行(入学生124名)
    8月10日 - 本校舎並びに寄宿舎建設起工式を敷地において挙行
  • 1963年(昭和38年)
    3月27日 - 校舎-管理・講義棟、寄宿舎-北寮の一部竣工
    4月10日 - 前橋市鳥羽町580番地の本校舎に移転
    12月19日 - 校歌完成
  • 1964年(昭和39年)
    3月31日 - 校舎-土木工学科棟、機械・電気工学科棟の一部、実習工場、寄宿舎-北寮の一部、中寮竣工
  • 1965年(昭和40年)
    3月31日 - 校舎-機械・電気工学科棟の一部、寄宿舎-南寮、第一体育館竣工
    4月1日 - 事務組織が事務部に改まり、庶務・会計の2課が置かれる。
    7月15日 - プール竣工
    8月31日 - 学生食堂竣工
    10月29日 - 校舎落成式挙行
  • 1966年(昭和41年)
    4月1日 - 工業化学科増設(定員40名)
  • 1967年(昭和42年)
    3月19日 - 第1回卒業式挙行(卒業生104名)
    3月22日 - 工業化学科棟、講義棟増築、武道館、寄宿舎-東寮竣工
  • 1968年(昭和43年)
    4月1日 - 文部省が「高等専門学校教育課程の基準」を改定したことに伴い、新入学生より新教育課程を適用、学業成績評価に加重制導入
  • 1969年(昭和44年)
    4月1日 - 事務部に学生課が置かれる。
  • 1970年(昭和45年)
    3月26日 - 図書館竣工
    12月19日 - 電子計算機室竣工
  • 1971年(昭和46年)
    3月26日 - 電子計算機OKITAC 4500設置
    3月31日 - 体育教員室兼体育器具庫竣工
    4月1日 - 本年度より情報処理教育に関する授業開始
  • 1972年(昭和47年)
    10月28日 - 創立10周年記念式典挙行
  • 1973年(昭和48年)
    3月20日 - 排水処理実験室竣工
    3月24日 - 電子計算機室増築竣工
    3月26日 - 学生食堂竣工
  • 1974年(昭和49年)
    4月1日 - 本年度より2学期制となる。
  • 1975年(昭和50年)
    2月28日 - 合宿研修施設及び屋外便所・シャワー室竣工
    4月1日 - 情報処理教育センター設置
  • 1976年(昭和51年)
    3月11日 - 共用棟(専攻科講義室 S-103)竣工
    3月29日 - 排水処理施設竣工
  • 1977年(昭和52年)
    3月22日 - プールサイド器具庫竣工
    3月28日 - 電気工作実習室竣工
    4月1日 - 第2代校長就任。教育課程改定(選択科目制導入など)、新入学生より適用。
    10月22日 - 校歌歌碑除幕式挙行
  • 1978年(昭和53年)
    3月25日 - 化学工業廃物公害実験室竣工
  • 1980年(昭和55年)
    3月25日 - 第二講義棟竣工
  • 1981年(昭和56年)
    3月25日 - 第二体育館竣工
  • 1982年(昭和57年)
    4月1日 - 本年度より学生相談室開設
  • 1983年(昭和58年)
    1月1日 - 情報処理教育用電算機システム(ECLIPSE MV-6000)レンタル方式で導入
    3月31日 - 情報処理教育センター増築竣工
  • 1984年(昭和59年)
    3月10日 - 福利厚生施設(群嶺会館)竣工
    4月1日 - 第3代校長就任
  • 1985年(昭和60年)
    3月30日 - 生活排水処理施設竣工
  • 1986年(昭和61年)
    4月1日 - 本年度より外国人留学生(マレーシア政府派遣留学生3名)を受け入れる。
    11月28日 - 事務用電子計算機(NECシステム150/68VS)導入
  • 1987年(昭和62年)
    4月1日 - 電子情報工学科増設(定員40名)
    10月25日 - 創立25周年記念式典挙行
  • 1988年(昭和63年)
    12月25日 - 電子情報工学科棟竣工
  • 1989年(平成元年)
    1月28日 - 創立25周年記念シンポジウム開催
    3月1日 - 情報処理教育用電算機システム(ECLIPSE MV/15000S)レンタル方式で更新
  • 1991年(平成3年)
    3月29日 - テニスコート竣工
    7月1日 - 学校教育法が改正され、高等専門学校の学科分野の拡大、専攻科の設置及び卒業者に準学士の称号を与えることができるようになった。また、1年間の授業期間、教育課程の編成、課程修了の認定、科目等履修生等について高等専門学校設置基準が改正された。
  • 1992年(平成4年)
    4月1日 - 第4代校長就任。本年度より週5日制を実施。工業化学科を物質工学科に改組。
  • 1993年(平成5年)
    7月15日 - 寄宿舎改修その他工事竣工
  • 1994年(平成6年)
    3月10日 - 教育用電子計算機システム(AS4080/40MX)レンタル方式で挿入
    3月25日 - 物質工学科実験棟竣工
    3月31日 - 事務用電子計算機(NECシステム7200/50)を更新
    6月30日 - グラウンド改修工事竣工
    8月30日 - 校舎等外装改修工事竣工
  • 1995年(平成7年)
    1月27日 - 推薦入学者選抜試験実施
    3月30日 - 合宿研修施設改修工事竣工
    4月1日 - 専攻科設置(生産システム工学専攻 定員12名、環境工学専攻 定員8名)。専攻科が学位規則第6条第1項に規定する学位授与機構が定める要件を満たす専攻科として認定された。
  • 1996年(平成8年)
    2月25日 - 課外活動施設改修工事竣工
    3月22日 - 校内情報ネットワーク取設工事竣工
    7月27日 - 群馬高専wwwホームページ開設
  • 1997年(平成9年)
    3月19日 - 第1回専攻科修了式挙行(修了生25名)
    3月21日 - 専攻科棟竣工
    4月1日 - 土木工学科を環境都市工学科に改組
  • 1997年(平成9年)
    3月19日 - 第1回専攻科修了式挙行(修了生25名)
    3月21日 - 専攻科棟竣工
    4月1日 - 土木工学科を環境都市工学科に改組
  • 1999年(平成11年)
    3月 - 機械・電気工学科棟改修工事竣工。物質工学科棟改修工事竣工。
  • 2000年(平成12年)
    4月1日 - 第5代校長就任
  • 2001年(平成13年)
    1月 - 第三講義棟・地域共同技術開発センター竣工
    3月 - 第一体育館玄関改修工事竣工。第一講義棟・第二講義棟改修工事竣工。機械・電気工学科棟改修工事竣工。
  • 2002年(平成14年)
    3月 - 高速キャンパス情報ネットワーク工事竣工
  • 2003年(平成15年)
    3月 - 管理・環境都市工学科棟改修工事竣工
    4月1日 - 電気工学科を電子メディア工学科に名称変更
  • 2004年(平成16年)
    3月 - 図書館改修工事竣工。体育共用施設竣工。
    4月1日 - 各国立高等専門学校は独立行政法人国立高等専門学校機構が設置する学校となる。
    9月1日 - 第6代校長就任
  • 2005年(平成17年)
    3月25日 - 寄宿舎改修その他工事竣工(藤寮)
    5月12日 - 専攻科の「生産システム環境工学」教育プログラムが工学(融合複合・新領域)関連分野でJABEE認定を受ける。
  • 2006年(平成18年)
    3月27日 - 上海工程技術大学と教育学術交流の連携協定を締結
    4月1日 - 混合学級を新1年生から導入する。
    10月25日 - 全国高専大会優勝顕彰碑建立
    11月14日 - 国際連携室設置
  • 2007年(平成19年)
    1月31日 - テニスコート(人工芝)改修工事竣工
    2月1日 - 教育研究支援センター設置。進路支援室設置。
    6月1日 - 生物教育研究連携センター設置
    12月11日 -
  • 2008年(平成20年)
    1月22日 - 上海市業余科技学院と交流連携協定を締結
    1月23日 - 産学連携に関する日中合同シンポジウムを開催
    3月27日 - 大学評価・学位授与機構が実施した機関別認証評価において、評価基準を満たしていることを認定された。
    4月1日 - 情報処理センターをIT教育研究センターに名称変更
  • 2009年(平成21年)
    11月 - 寄宿舎耐震改修その他工事竣工(北寮)
  • 2010年(平成22年)
    4月1日 - 第7代校長就任
  • 2011年(平成23年)
    4月1日 - インターンシップ支援室設置
    12月 - 管理・環境都市工学科棟外壁等災害復旧工事竣工。機械実習工場空調災害復旧工事竣工。
  • 2012年(平成24年)
    3月 - 第二体育館耐震改修工事竣工。西湖環境整備竣工。
    5月19日 - 創立50周年記念榛名山登山を実施
    11月3日 - 創立50周年記念特別講演会開催
    11月14日 - 創立50周年記念碑除幕式挙行
    11月17日 - 創立50周年記念式典、同祝賀会挙行
  • 2013年(平成25年)
    4月1日 - 第8代校長就任
  • 2014年(平成26年)
    12月19日 - 大学評価・学位授与機構が実施した専攻科の学士の学位授与に係る特例の適用認定を受けた。
  • 2015年(平成27年)
    2月27日 - 図書館バリアフリー改修工事竣工
    3月13日 - 寄宿舎改修工事竣工(南寮)
    3月26日 - 大学評価・学位授与機構が実施した機関別認証評価において、評価基準を満たしていることを認定された。
    4月1日 - 英語表記の統一により本校の英文表記が変更された。
  • 2016年(平成28年)
    3月25日 - 武道館工事竣工
  • 2017年(平成29年)
    4月1日 - 第9代校長就任
    12月11日 - 物質工学科棟Ⅰ外壁等改修工事竣工
  • 2018年(平成30年)
    4月1日 - IT教育研究センターを情報基盤センターへ名称変更。国際連携室を国際交流室へ名称変更。生物教育研究連携センターを地域連携テクノセンターに統合。
    10月26日 - モンゴル工業技術大学と学術交流協定を締結

対外関係[編集]

他大学との協定[編集]

国内大学[編集]

  • 放送大学学園と単位互換協定を結んでおり、放送大学で取得した単位を卒業に要する単位として認定することができる。[1]

書籍等[編集]

  • 蘇るPC-9801伝説 永久保存版 第2弾 ,アスキー書籍編集部 (編集),2006年、現役で業務稼動中!働くPC-9801と電子情報工学科が紹介されている

脚注[編集]

関連項目[編集]