群馬県庁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
群馬県の旗 群馬県の行政官庁
群馬県庁
Flag of Gunma Prefecture.svg
群馬県庁舎本庁舎
役職
知事 山本一太
副知事 反町敦
荻沢滋
組織
知事部局 知事戦略部、総務部、地域創生部、生活子ども部、健康福祉部、環境森林部、農政部、産業経済部、県土整備部、会計局
行政委員会 教育委員会、公安委員会、選挙管理委員会、監査委員、人事委員会、労働委員会、収用委員会、内水面漁場管理委員会
地方公営企業 企業局、病院局
概要
所在地 群馬県前橋市大手町1丁目1番1号
北緯36度23分26.4秒
東経139度3分37.6秒
座標: 北緯36度23分26.4秒 東経139度3分37.6秒
定員 一般行政部門4,504人
教育部門17,191人
警察部門3,851人
公営企業等会計部門1,551人
総計27,097人
年間予算 6,816億円(2014年度)
設置 1876年
ウェブサイト
公式ウェブサイト
テンプレートを表示

群馬県庁(ぐんまけんちょう)は地方公共団体である群馬県行政機関役所)である。

沿革[編集]

慶応時代[編集]

明治時代[編集]

大正時代[編集]

  • 1923年大正12年) - 郡制を廃止。
  • 1924年(大正13年) - 県立榛名公園を設置。

昭和時代[編集]

  • 1928年昭和3年) - 県庁舎が落成。
  • 1931年(昭和6年) - 水産試験場を設立。
  • 1947年(昭和22年) - 初の公選知事北野重雄が就任。
  • 1953年(昭和28年) - 県立図書館を開館。
  • 1957年(昭和32年) - 県立博物館を開館。
  • 1959年(昭和34年) - 県立青年の家を開設。
  • 1962年(昭和37年)- 企業局を新設。
  • 1966年(昭和41年)- 県立金山青年の家を開設。クロマツを県木に指定。
  • 1969年(昭和44年) - 公害防止条例を施行。
  • 1971年(昭和46年) - 県民会館を開設。
  • 1974年(昭和49年) - みやま養護学校、保育大学校を開校。近代美術館を開館。
  • 1978年(昭和53年) - 県立図書館が新築移転。
  • 1979年(昭和54年) - 県立歴史博物館を開館。
  • 1980年(昭和55年) - 県立女子大学を開校。
  • 1981年(昭和56年) - 総合体育センターを開設。
  • 1982年(昭和57年) - 県立文書館を開館。
  • 1985年(昭和60年) - 群馬県民の日を制定。
  • 1986年(昭和61年) - 情報公開条例を公布。

平成時代[編集]

  • 1992年平成4年) - 全37巻『群馬県史』の刊行終了。
  • 1999年 - 新群馬県庁舎の使用を開始。
  • 2001年 - 新情報公開制度、個人情報保護制度を開始。館林美術館を開館。

組織[編集]

[表示]をクリックすると一覧を表示。2020年6月1日現在。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

参考文献[編集]

関連項目[編集]