群馬県第2区

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
日本の旗群馬県第2区
衆議院小選挙区 群馬県.svg
衆議院小選挙区 凡例.svg
行政区域 桐生市(旧新里村黒保根村域を除く)、伊勢崎市太田市(旧藪塚本町域)、みどり市(旧大間々町笠懸町域)、佐波郡
(2017年7月16日現在)
比例区 北関東ブロック
設置年 1994年
選出議員 井野俊郎
有権者数 335,206人
1.438 倍(一票の格差鳥取1区との比較)
総務省・2020年9月1日)
テンプレートを表示

群馬県第2区(ぐんまけんだい2く)は、日本衆議院議員総選挙における選挙区1994年平成6年)の公職選挙法改正で設置。

区域[編集]

歴史[編集]

本選挙区設置以来、自民党郵政族として鳴らしてきた笹川堯が当選を重ねてきたが、2009年の第45回衆議院議員総選挙で前回比例復活の民主党の石関貴史の前に敗れた。なお、この時笹川は自民党総務会長を務めており、彼の落選は現職党三役の落選という事も相俟って話題になった。

2012年の第46回衆議院議員総選挙では、笹川が引退し、自民党新人の井野俊郎と、民主党から日本維新の会に移った石関、そして前回比例単独出馬で当選した民主党の桑原功が立候補した。また、前回選挙で候補者を取り下げた共産党も今回から独自候補を擁立する方針に転換した。結果、井野が群馬2区を制し初当選。石関は日本維新の会に移ったことにより連合群馬などの民主党の支持組織から支援がないことや共産党の候補擁立、低投票率などが影響して前回から大幅に得票数を減らしたものの、日本維新の会の北関東比例単独2位(比例単独1位は群馬1区の上野宏史)だったため比例復活当選となった。

2014年の第47回衆議院議員総選挙では、自民井野、日本維新の会後継の維新の党から石関、共産党候補が出馬し、井野が2選(石関は前回より若干得票数を増やし比例復活[1])。

2017年第48回衆議院議員総選挙では、自民党からは引き続き井野が出馬[2]。前回維新の党から出馬した石関[3]は、維新の党と民主党が合流して結成された民進党[4]に参加した[5][6]。その後、民進党から希望の党に移り衆院選に出馬した[7][2]。日本共産党からは予備校講師の長谷田直之[8]が小選挙区単独で出馬した[2][注 1]。10月22日の投開票の結果、井野が前回[3]より得票数を伸ばし3選[2]。希望石関は前回[3]より得票数を減らし惜敗率は54.4%に留まり比例復活もできず落選した[2][10]。井野は前回選挙時よりも桐生市方面やみどり市方面を中心に後援会組織を強化し[11][12]、2区管内全域に後援会組織を張り巡らせた[13]。伊勢崎・桐生・みどり3市議会議員のうち2区を地盤とする議員の大部分から支持を受けた[11]。業界団体の推薦や支持も広く集めた[11]。石関は希望の党への逆風から伸び悩んだ[14]

第49回衆院選立候補予定者[編集]

候補者名 年齢 出馬予定の党派 新旧
井野俊郎[15] 41 自由民主党
堀越啓仁[15] 41 立憲民主党
石関貴史[15][16] 49 無所属

小選挙区選出議員[編集]

選挙名 当選者 党派
第41回衆議院議員総選挙 1996年 笹川堯 新進党
第42回衆議院議員総選挙 2000年 自由民主党
第43回衆議院議員総選挙 2003年
第44回衆議院議員総選挙 2005年
第45回衆議院議員総選挙 2009年 石関貴史 民主党
第46回衆議院議員総選挙 2012年 井野俊郎 自由民主党
第47回衆議院議員総選挙 2014年
第48回衆議院議員総選挙 2017年
第49回衆議院議員総選挙 2021年

選挙結果[編集]

解散日:2017年(平成29年)9月28日 投票日:2017年(平成29年)10月22日
当日有権者数:337,060人 最終投票率:49.13%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
井野俊郎37自由民主党89,219票
55.88%
――公明党
石関貴史45希望の党48,545票
30.40%
54.41%
長谷田直之61日本共産党21,908票
13.72%
24.56%

解散日:2014年(平成26年)11月21日 投票日:2014年(平成26年)12月14日
当日有権者数:330,850人 最終投票率:49.45%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
井野俊郎34自由民主党84,530票
53.62%
――公明党
比当石関貴史42維新の党53,038票
33.65%
62.74%
藤掛順恒68日本共産党20,068票
12.73%
23.74%

解散日:2012年(平成24年)11月16日 投票日:2012年(平成24年)12月16日
当日有権者数:331,434人 最終投票率:55.29%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
井野俊郎32自由民主党87,309票
49.58%
――公明党
比当石関貴史40日本維新の会51,840票
29.44%
59.38%みんなの党
桑原功67民主党19,583票
11.12%
22.43%
関口直久62日本共産党17,366票
9.86%
19.89%

解散日:2009年(平成21年)7月21日 投票日:2009年(平成21年)8月30日
当日有権者数:331,305人 最終投票率:68.21%

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
石関貴史37民主党114,622票
51.88%
――
笹川堯73自由民主党90,962票
41.17%
79.36%
矢島笑鯉子33無所属12,885票
5.83%
11.24%×
蜂須豊45幸福実現党2,487票
1.13%
2.17%

解散日:2005年(平成17年)8月8日 投票日:2005年(平成17年)9月11日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
笹川堯69自由民主党99,919票
47.30%
――
比当石関貴史33民主党98,497票
46.63%
98.58%
藤掛順恒59日本共産党12,832票
6.07%
12.84%

解散日:2003年(平成15年)10月10日 投票日:2003年(平成15年)11月9日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
笹川堯68自由民主党76,779票
43.38%
――
石関圭36民主党57,331票
32.39%
74.67%
森田修54無所属32,037票
18.10%
41.73%×
佐藤民雄53日本共産党10,847票
6.13%
14.13%

解散日:2000年(平成12年)6月2日 投票日:2000年(平成12年)6月25日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
笹川堯64自由民主党76,743票
39.74%
――
森田修50無所属56,622票
29.32%
73.78%×
石関圭32民主党42,756票
22.14%
55.71%
小菅啓司49日本共産党16,985票
8.80%
22.13%

解散日:1996年(平成8年)9月27日 投票日:1996年(平成8年)10月20日

当落候補者名年齢所属党派新旧得票数得票率惜敗率推薦・支持重複
笹川堯61新進党81,026票
47.14%
――
森田修47自由民主党59,206票
34.44%
73.07%
小菅啓司45日本共産党20,183票
11.74%
24.91%
最上進55自由連合11,484票
6.68%
14.17%

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 2016年10月20日、第48回衆院選の群馬2区に日本共産党公認で党群馬県常任委員の長谷田直之を擁立することが発表された[9]

出典[編集]

  1. ^ “北関東ブロック(比例区) - 開票速報 - 2014衆院選”. 朝日新聞デジタル. http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo47/kaihyo/B03.html 2021年9月16日閲覧。 
  2. ^ a b c d e “群馬-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選)”. 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/senkyo/senkyo2017/kaihyo/A10.html 2021年9月16日閲覧。 
  3. ^ a b c “群馬 - 開票速報 - 2014衆院選”. 朝日新聞デジタル. http://www.asahi.com/senkyo/sousenkyo47/kaihyo/A10.html 2021年9月16日閲覧。 
  4. ^ “民進党 結党、衆参156人 安倍政権に対抗”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 1 政治面. (2016年3月28日) 
  5. ^ “民進党 結党 「県内でまとまるか」 旧党間のしこり大きく”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 27 地方版(群馬). (2016年3月28日) 
  6. ^ “選挙 市民団体、衆院選も共闘を要望 きょうから3野党に”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 24 地方版(群馬). (2016年5月9日) 
  7. ^ “衆院選2017:各陣営、本格始動 民進の4人「希望」公認申請 /群馬”. 毎日新聞. (2017年9月30日). https://mainichi.jp/articles/20170930/ddl/k10/010/183000c 2021年9月16日閲覧。 
  8. ^ “長谷田直之(小選挙区・群馬県) 【衆議院選挙2017】”. 読売新聞 (読売新聞社). https://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/profile/YTPSRAYA10002XXX009.html 2021年9月21日閲覧。 
  9. ^ “次期衆院選:2、5区に共産が候補擁立 /群馬”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2016年10月21日). https://mainichi.jp/articles/20161021/ddl/k10/010/142000c 2021年9月19日閲覧。 
    [“次期衆院選 2、5区に共産が候補擁立”. 毎日新聞 (毎日新聞社): p. 25 地方版(群馬). (2016年10月21日) ]
  10. ^ “北関東ブロック(比例区)-開票速報-2017衆議院選挙(衆院選)”. 朝日新聞デジタル. https://www.asahi.com/senkyo/senkyo2017/kaihyo/O03.html 2021年9月16日閲覧。 
  11. ^ a b c “衆院選2017:小選挙区 自民5議席独占 「保守王国」盤石(その1) 野党は分裂響く /群馬”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2017年10月23日). https://mainichi.jp/articles/20171023/ddl/k10/010/112000c 2021年9月20日閲覧。 
  12. ^ “2017衆院選 小選挙区 自民5 王国守る”. 読売新聞 (読売新聞社): p. 17 地方版(群馬). (2017年10月23日) 
  13. ^ “自民、圧勝 5議席守る 立憲・長谷川氏は比例復活 衆院選”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 17 地方版(群馬). (2017年10月23日) 
  14. ^ 山本有紀、高橋努、阿相久志 (2017年10月25日). “混迷・2017衆院選:選挙戦を振り返る/上 民進分裂、明暗分かれる 「筋通した」立憲支持拡大 /群馬”. 毎日新聞 (毎日新聞社). https://mainichi.jp/articles/20171025/ddl/k10/010/486000c 2021年9月16日閲覧。 
  15. ^ a b c 複数の出典:
  16. ^ 複数の出典:

関連項目[編集]