群馬県道211号安中榛名湖線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
一般県道
Japanese Route Sign Number 2.svgJapanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
群馬県道211号標識
群馬県道211号安中榛名湖線
路線延長 ? km
制定年 1959年 群馬県認定
起点 安中市安中
終点 高崎市榛名山町
接続する
主な道路
(記法)
Japanese National Route Sign 0018.svg国道18号
Japanese National Route Sign 0406.svg国道406号
群馬県道29号あら町下室田線
群馬県道33号渋川松井田線
群馬県道28号高崎東吾妻線
■テンプレート(■ノート ■使い方) ウィキプロジェクト 道路

群馬県道211号安中榛名湖線(ぐんまけんどう211ごう あんなかはるなこせん)は、群馬県安中市安中から高崎市榛名湖町の榛名湖畔をに至る道路県道)である。

概要[編集]

安中市の中心市街地と榛名湖を結ぶ県道であり、自動車走行不可の区間を含む群馬県道125号一本木平小井戸安中線を短絡するルートとなっている。

また、高崎市下室田町から榛名湖までの区間は、榛名神社の参道を県道化したものであり、群馬県道29号あら町下室田線国道406号とともに、高崎市中心部と榛名湖を結ぶメインルートにもなっている。高崎方面と榛名湖を結ぶ路線としては、東側を通る群馬県道28号高崎東吾妻線群馬県道126号榛名山箕郷線の方が距離は短いが、両路線とも狭隘な山道の区間を含むため、バスを含む大型車は本路線を経由している。また、この区間は榛名神社の参道としての機能も担っている。

路線データ[編集]

歴史[編集]

  • 1959年昭和34年)9月18日:群馬県より現・道路法に基づき、県道安中榛名湖線安中市大字安中 - 群馬郡榛名町大字榛名山、整理番号8)が路線認定される[2]
    • 同時に、前身路線にあたる県道室田榛名山(群馬郡榛名町大字下室田 - 同郡同町大字榛名山 榛名神社、整理番号74)、県道八本松安中線(群馬郡榛名町大字榛名山字八本松 - 安中市、整理番号78)が路線廃止される[3]

路線状況[編集]

起点は安中市安中四丁目である。旧中山道を継承する群馬県道125号一本木平小井戸安中線との交点が起点で、そこから国道18号と交差するまでわずかの区間は1車線である。

国道18号との交差点から先は、終点まで2車線である。ここから群馬県道215号恵宝沢原貝戸線との交差点までは、安中市中心部と安中市秋間地区・安中榛名駅方面を結ぶ道路の一部を構成し、この区間には乗合バス路線(運行はボルテックスアーク)も設置されている。

恵宝沢原貝戸線との交差点からは雉子ケ尾峠を越える山道となり、急勾配や急曲線があるものの、2車線が確保されている。峠を越えると高崎市に入り、国道406号を越え、昭和橋で烏川を渡り、その先の下村交差点で群馬県道29号あら町下室田線と合流し、西に進路を変えて下室田の中心部にあたる室田交差点に向かう。

室田交差点からは榛名山への登山ルート、かつ榛名神社への参道となり、高崎駅から榛名湖に向かう路線バス(運行は群馬バス)もこのルートを通る。上室田地区で進路を北に変えて榛名山を上るが、途中で群馬県道33号渋川松井田線と合流し、重複区間となる(本路線の路線表示は消える)。そのまま榛名神社、天神峠を経由して榛名湖に至る。

重複区間[編集]

道路施設[編集]

  • 昭和橋(烏川、高崎市上里見町 - 同市下室田町)

交差する主な道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 昭和34年の路線認定当初は、安中市大字安中字尻の下634番の1と表記されており、現在この地番表記は変更されている[1]
  2. ^ 昭和34年の路線認定当初は、群馬郡榛名町大字榛名山 榛名湖となっている[1]

出典[編集]

  1. ^ a b 昭和34年群馬県告示第326号 県道の供用開始に関する告示(群馬県報 号外、1959年9月18日、pp. 24–39、群馬県立図書館所蔵)
  2. ^ 昭和34年群馬県告示第324号 県道路線認定に関する告示(群馬県報 号外、1959年9月18日、pp. 1–15、群馬県立図書館所蔵)
  3. ^ 昭和34年群馬県告示第325号 県道路線廃止に関する告示(群馬県報 号外、1959年9月18日、pp. 15–24、群馬県立図書館所蔵)

関連項目[編集]