群馬県道340号如来堂大間々線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Japanese Route Sign Number 3.svgJapanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 0.svg
群馬県道340号標識

群馬県道340号如来堂大間々線(ぐんまけんどう 340ごう にょらいどうおおまません)は、群馬県桐生市相生町の如来堂(報身寺)からみどり市大間々町に至る県道である。


路線データ[編集]

歴史[編集]

交差する道路[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 昭和34年の路線認定当初での表記では、山田郡大間々町大字大間々1771番とあり、現在の終点より約320 mほど西に位置する国道122号上の交差点であった[1]

出典[編集]

  1. ^ a b 昭和34年群馬県告示第326号 県道の供用開始に関する告示(群馬県報 号外、1959年9月18日、pp. 24–39、群馬県立図書館所蔵)
  2. ^ 昭和34年群馬県告示第324号 県道路線認定に関する告示(群馬県報 号外、1959年9月18日、pp. 1–15、群馬県立図書館所蔵)

関連項目[編集]