群馬藤岡駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
群馬藤岡駅
駅舎(2016年8月12日)
駅舎(2016年8月12日)
ぐんまふじおか
Gumma-Fujioka
丹荘 (4.7km)
(3.7km) 北藤岡
所在地 群馬県藤岡市藤岡629-2
所属事業者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
所属路線 八高線
キロ程 84.7km(八王子起点)
高麗川から53.6km
電報略号 フシ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗車人員
-統計年度-
1,237人/日(降車客含まず)
-2017年-
開業年月日 1931年昭和6年)7月1日
備考 業務委託駅
テンプレートを表示
改札口(2017年6月)
跨線橋から見たホーム(2017年6月)
高崎方面ホーム

群馬藤岡駅(ぐんまふじおかえき)は、群馬県藤岡市藤岡にある、東日本旅客鉄道(JR東日本)八高線である。

歴史[編集]

駅名に「群馬」の文字を冠しているのは、東武鉄道日光線藤岡駅(栃木県栃木市)が先に開業していたため。他の都道府県に多く使われる旧国名を冠する命名方法は「上野」が東京都上野駅と混同される恐れがあるため、群馬県内では例外的に使用されなかった(ただし、「上州」は上信電鉄の駅で使用されている)。

年表[編集]

駅構造[編集]

相対式ホーム2面2線を有する地上駅。かつては2面3線を有し、駅舎側でない方のホームの外側にも線路が存在していて、更に貨物用の側線も数本設けられていた。これらは現在は全て撤去され、広大な空き地になっている。互いのホームは跨線橋で連絡している。高麗川行きホーム上に待合室がある(2008年12月上旬より旅客上屋を設置する工事が始まっている)。また、駅の外に自由通路としての跨線橋がある。

高崎駅が管理し、JR東日本ステーションサービス2015年6月30日まではJR高崎鉄道サービス)が業務を受託する業務委託駅である。2006年みどりの窓口が廃止され、その代替として「もしもし券売機Kaeruくん」が設置されたが、2012年2月14日をもって営業終了し撤去された。自動券売機Suica対応の自動改札機が設置されている。自動券売機はKaueruくんの代替となる指定席券売機ではないために購入する切符によっては高崎線新町駅まで出る必要がある。

のりば[編集]

ホーム 路線 方向 行先
駅舎側 八高線 下り 高崎方面
反対側 上り 寄居高麗川方面

※案内上の番線番号は設置されていない。

利用状況[編集]

JR東日本によると、2017年度(平成29年度)の1日平均乗車人員は1,237人である[利用客数 1]

近年の推移は以下のとおりである。

乗車人員推移
年度 1日平均
乗車人員
出典
2000年(平成12年) 1,505 [利用客数 2]
2001年(平成13年) 1,478 [利用客数 3]
2002年(平成14年) 1,432 [利用客数 4]
2003年(平成15年) 1,443 [利用客数 5]
2004年(平成16年) 1,401 [利用客数 6]
2005年(平成17年) 1,335 [利用客数 7]
2006年(平成18年) 1,266 [利用客数 8]
2007年(平成19年) 1,221 [利用客数 9]
2008年(平成20年) 1,244 [利用客数 10]
2009年(平成21年) 1,190 [利用客数 11]
2010年(平成22年) 1,167 [利用客数 12]
2011年(平成23年) 1,166 [利用客数 13]
2012年(平成24年) 1,185 [利用客数 14]
2013年(平成25年) 1,260 [利用客数 15]
2014年(平成26年) 1,253 [利用客数 16]
2015年(平成27年) 1,245 [利用客数 17]
2016年(平成28年) 1,221 [利用客数 18]
2017年(平成29年) 1,237 [利用客数 1]

駅周辺[編集]

商店があり、住宅も多い。

バス路線[編集]

乗場 系統 主要経由地 行先 運行会社 備考
  奥多野線 (高山社跡)、八塩温泉郷、鬼石郵便局、神流町役場前、万場、神流町中里合同庁舎前、上野村ふれあい館 しおじの湯 日本中央バス
岡之郷 新町駅
藤岡市役所、藤岡総合病院、岡之郷 新町駅 平日朝1本のみ
  上平線 白石郵便局前、西平井公民館前 上平 藤岡市めぐるん
藤岡総合病院 ららん藤岡
  三ツ木〜高山線 みかぼみらい館第3駐車場、東平井公民館前 高山 藤岡市めぐるん
藤岡総合病院、北藤岡駅、ららん藤岡 三ツ木公会堂前
市内循環線 藤岡総合病院、ららん藤岡、古桜町 群馬藤岡駅
みかぼみらい館第3駐車場、古桜町、ららん藤岡 群馬藤岡駅

隣の駅[編集]

東日本旅客鉄道(JR東日本)
八高線
丹荘駅 - 群馬藤岡駅 - 北藤岡駅

脚注[編集]

[ヘルプ]

記事本文[編集]

  1. ^ 「鉄道記録帳2002年2月」『RAIL FAN』第49巻第5号、鉄道友の会、2002年5月1日、 24頁。
  2. ^ “JR高崎支社 14駅に新型券売機”. 交通新聞 (交通新聞社): p. 1. (2006年3月17日) 

利用状況[編集]

  1. ^ a b 各駅の乗車人員(2017年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月9日閲覧。
  2. ^ 各駅の乗車人員(2000年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月9日閲覧。
  3. ^ 各駅の乗車人員(2001年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月9日閲覧。
  4. ^ 各駅の乗車人員(2002年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月9日閲覧。
  5. ^ 各駅の乗車人員(2003年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月9日閲覧。
  6. ^ 各駅の乗車人員(2004年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月9日閲覧。
  7. ^ 各駅の乗車人員(2005年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月9日閲覧。
  8. ^ 各駅の乗車人員(2006年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月9日閲覧。
  9. ^ 各駅の乗車人員(2007年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月9日閲覧。
  10. ^ 各駅の乗車人員(2008年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月9日閲覧。
  11. ^ 各駅の乗車人員(2009年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月9日閲覧。
  12. ^ 各駅の乗車人員(2010年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月9日閲覧。
  13. ^ 各駅の乗車人員(2011年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月9日閲覧。
  14. ^ 各駅の乗車人員(2012年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月9日閲覧。
  15. ^ 各駅の乗車人員(2013年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月9日閲覧。
  16. ^ 各駅の乗車人員(2014年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月9日閲覧。
  17. ^ 各駅の乗車人員(2015年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月9日閲覧。
  18. ^ 各駅の乗車人員(2016年度)”. 東日本旅客鉄道. 2019年5月9日閲覧。

関連項目[編集]