義円

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
義円公園入口(岐阜県大垣市)
源義円供養塔(義円公園内)

義円または源義円(ぎえん, みなもとのぎえん、久寿2年(1155年) - 治承5年3月10日1181年4月25日))は平安時代末期の僧侶で、源義朝の八男。

母は常盤御前で、幼名は乙若丸同母兄いろえ阿野全成(幼名:今若丸)、同母弟いろど源義経(幼名:牛若丸)がいる。源頼朝の異母弟。子に愛智義成

生涯[編集]

初め園城寺にて出家して卿公きょうのきみ円成となり、後白河天皇皇子である円恵法親王坊官を務めていた。「卿公」は母が再婚した養父の一条大蔵卿にちなむ命名と考えられるので、養父の縁故によって円恵に仕えたと見られる。

異母兄の頼朝が打倒平家の兵を挙げるとその指揮下に合流し、父である義朝から一字とって義円と改名する。治承5年(1181年)、叔父源行家が尾張で挙兵すると、頼朝の命により援軍としてその陣に参加。墨俣川河畔にて平重衡らの軍と対峙する(墨俣川の戦い)。この時、義円は単騎敵陣に夜襲を仕掛けようと試みるが失敗。平家の家人・高橋盛綱と交戦の末に討ち取られた。享年27。なお、『吾妻鏡』には義円が頼朝の元に赴いた記述がないため、義円は直接尾張に入り独自に挙兵したのではないのかという説もある。

遺児である義成よしなりは愛智荘(現愛知県愛知郡)を領し、愛智氏の祖となった。また、義円の墓は、岐阜県大垣市墨俣町上宿の田畑の中にあり、旧墨俣町文化財に指定されている。すぐ近くには「義円公園」があり、中には「墨俣川合戦の碑」や「義円地蔵」、「源義円供養塔」などがある。

関連項目[編集]