義岡久延

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
義岡久延
時代 安土桃山時代
生誕 永禄4年(1561年
死没 文禄4年4月14日1595年5月23日
別名 又二郎、通称:蔵人
戒名 保心一英禅定門
主君 島津義久
氏族 喜入氏島津氏(伯州家)→義岡氏
父母 父:喜入季久、母:佐多忠将娘
義父:島津忠俊
兄弟 喜入久道久延、喜入久親、喜入忠続
田代清盛娘
久達

義岡 久延(よしおか ひさのぶ)は、安土桃山時代武将島津氏の家臣。

略歴[編集]

永禄4年(1561年)、喜入季久の次男として誕生。しかし、島津宗家8代当主・島津久豊の五男・豊久の興した伯州家が、豊久の曾孫・忠俊(久延祖父の忠俊とは別人)が元亀2年(1571年)に戦死したことにより無嗣断絶となったため、島津義久の命により久延がその名跡を継ぐこととなった。

天正8年(1580年)、久延は養子先の島津姓から改め、義久のから一字を拝領し「岡氏」を名乗るようになる。天正15年(1587年)、義久が上洛する際はその供をした。

文禄4年(1595年)、伏見にて病死した。享年35。

出典[編集]

  • 本藩人物誌』 鹿児島県史料集(13)(鹿児島県史料刊行委員会)