義民祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
義民碑。義民四人衆が処刑された場所に建てられている。

義民祭(ぎみんさい)は、岡山県総社市新本地域で行われる祭事である。

この祭りで踊られる踊りは、(新本義民踊り(ぎみんおどり)と呼ばれる。

概要[編集]

1717年享保2年)から翌1718年(享保3年)にかけて備中国下道郡新庄村・本庄村(現在の総社市新本)で起こった新本義民騒動の4人の犠牲者(義民四人衆)の霊を弔い、その功績を称えるために行われる祭りである。

1918年大正7年)に、当時の吉備郡新本村において「義民四人衆二百年祭」が執り行われた。これを期に、毎年夏に義民祭と村・地域を挙げて盛大に開催されるようになり、恒例行事化した。

義民四人衆を祀る義民社(ぎみんしゃ)の南側にある総社市立新本小学校の校庭で開催される。

開催日は、現在は7月(おおむね中旬頃)の土曜日または日曜日の夜である。かつては、義民四人衆が処刑された旧暦6月6日に近いのが理由である。一時期、生活様式の変化やサラリーマン家庭の増加に伴い、開催日が8月の盆過ぎに変更されていたこともある。

また、義民祭の前夜と当日朝に、義民社において社前祭(しゃぜんさい)と呼ばれる儀式が行われる。

義民踊り[編集]

大正時代に、新本義民騒動から200年経過を記念し作られた踊りである。

初代新本村長・小坂逸八の書いた詩を元に、当地出身の画家・稲葉春生らが中心になり作詞・作曲を行った。振り付けは、岡山県三大踊りの松山踊りと白石踊りを参考とした。

義民祭では、この義民踊りがメインイベントとなっている。

参考文献[編集]

  • 岡山県大百科事典編集委員会『岡山県大百科事典』山陽新聞社
  • 巌津政右衛門『岡山地名事典』日本文教出版社
  • 総社市郷土学習推進委員会『わたしたちのふるさと「総社」誇りに思う人々』総社市教育委員会(1991年)

関連項目[編集]