義王駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
義王駅
駅舎(2013年撮影)
駅舎(2013年撮影)
의왕
ウィワン
Uiwang
(韓国交通大学校)
所在地 大韓民国の旗京畿道義王市鉄道博物館路 66(三洞 191)
位置座標
所属事業者 韓国鉄道公社(KORAIL)
駅種別 普通駅 
駅等級 2級 
駅構造 地上駅橋上駅) 
ホーム 2面4線 
乗車人員
-統計年度-
7,279人/日(降車客含まず)
-2009年-
開業年月日 1944年5月1日 
乗入路線 2 路線
所属路線 京釜電鉄線 
駅番号 P152
キロ程 33.9km(ソウル*起点)
84.6km(逍遥山**起点)
P151 堂井 (2.6km)
(2.9km) 成均館大 P153
所属路線 南部貨物基地線貨物線) 
キロ程 0.0km(義王起点)
(3.0km) 五峯
備考 * 京釜線の起点として
** 首都圏電鉄1号線の起点として
義王駅
各種表記
ハングル 의왕역 
漢字 義王驛 
平仮名
(日本語読み仮名)
ぎおうえき
片仮名
(現地語読み仮名)
ウィワンニョク 
英語 Uiwang Station 
テンプレートを表示

義王駅(ウィワンえき)は大韓民国京畿道義王市三洞にある、韓国鉄道公社(KORAIL)の韓国交通大学校という副駅名をもつ。

接続する路線[編集]

乗り入れている路線は、旅客営業を行っていない路線を含めると、線路名称上は京釜線南部貨物基地線の2路線。このうち旅客駅に停車するのは、京釜線の電車線で運行される京釜電鉄線(首都圏電鉄1号線)の電車のみである。駅番号は(P152)。

駅構造[編集]

改札階(2014年撮影)
ホーム全景(2007年撮影)

島式ホーム2面4線を有する地上駅で、橋上駅舎を持つ。電鉄線ホームは高床ホームであるが、ホームソウル方(北側)はかつてトンイル号が停車していた低床ホームとなっており、高さが異なる。なお、低床ホームは現在使用されておらず、立ち入りも不可能。ホーム両側に南部貨物基地線の線路が数線ある。

出口は1番(駅西側)と2番(駅東側)の2ヶ所ある。

のりば[編集]

1 京釜電鉄線 緩行 餅店西東灘天安新昌方面
2 京釜電鉄線 B急行 水原餅店平沢天安方面
3 京釜電鉄線 B急行 軍浦安養永登浦地上ソウル方面
4 京釜電鉄線 緩行 九老地下ソウル清凉里光云大方面

利用状況[編集]

近年の一日平均乗車人員推移は下記の通り。

路線 乗車人員
2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年 2007年 2008年 2009年 2010年
京釜電鉄線 5829 6545 7358 8073 6191 6286 6603 6688 7151 7279 7783 [1]

駅周辺[編集]

1番出口
  • 軍浦富谷宅地地区(富谷ヒューマンシア)
  • 軍浦中央高等学校朝鮮語版
  • 富谷中央中学校
  • 富谷中央初等学校
  • 富谷貨物ターミナル
  • 旺松貯水池
2番出口

路線バス[編集]

1番出口
  • 安養市内バス:22, 52-1, 55
  • 軍浦マウルバス:7
  • 義王マウルバス:07, 09
2番出口
  • 安養市内バス:1-1, 1-2, 1-5, 5, 5-2, 52-1
  • 軍浦タボクバス:100, 100-1
  • 義王マウルバス:01, 02, 07, 07-1, 09

歴史[編集]

隣の駅[編集]

韓国鉄道公社 
京釜電鉄線 
A急行 
通過 
B急行 
軍浦駅 (P150) - 義王駅 (P152) - 水原駅 (P155) 
B急行(一部列車のみ) 
軍浦駅 (P150) - 義王駅 (P152) - 成均館大駅 (P153)
緩行 
堂井駅 (P151) - 義王駅 (P152) - 成均館大駅 (P153) 
南部貨物基地線(貨物線) 
義王駅 - 五峯駅

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 정보공개 공개자료실, 코레일 (2005·2009년은 철도정보 일반자료실)
  2. ^ 철도청 고시 제106호(1964.11.13)
  3. ^ 법률 제8244호, 경기도 의왕시 한자명칭 변경에 관한 법률 (신규제정 2007년 1월 19일)

関連項目[編集]