よしみいく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

よしみ いく(旧名義:義見 依久、1971年[1]〜)は、日本の元漫画家

概要[編集]

代表作は『魍魎戦記MADARA』のスピンオフ作品である『幼稚園戦記まだら』で、同作品はスーパーファミコンにおいてゲーム化されている[2]。MADARAシリーズに携わった後は、2007年頃まで芳文社の4コマ漫画誌『まんがタイム』およびその兄弟誌にて4コマ漫画を連載。現在は引退している。名前の由来は魍魎戦記MADARAに登場する義体を表す用語『ギミック』から[3]で、のちに4コマ漫画誌に連載を持つ際に、ひらがな名義に改名[3]している。

作品リスト[編集]

  • 魍魎戦記MADARAシリーズ
    • 幼稚園戦記まだら』(全4巻、電撃コミックスEX、メディアワークス、1994年〜1995年)
    • 『よりぬき幼稚園戦記まだら』(ソニー・マガジンズコミックス、ソニー・マガジンズ、1996年2月、478978021X)
    • 『少年忍者バサラくん 戦国群笑伝』(全3巻、光文社コミックス、光文社、1995年12月〜1997年5月)
    • 『少年忍者バサラくん 芙蓉姫退屈記』(全2巻、光文社コミックス、光文社、1995年3月〜1996年5月)

出典[編集]

  1. ^ 幼稚園戦記まだら”. 国立国会図書館サーチ. 2018年1月24日閲覧。
  2. ^ データム・ポリスター. 幼稚園戦記まだら. スーパーファミコン. (1996-01-26)
  3. ^ a b よしみいくによる2015年8月17日のツイート2018年1月24日閲覧。