羽ばたけ楽天イーグルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
東北楽天ゴールデンイーグルス
球団歌
狗鷲合唱団/TOMMYシングル
初出アルバム『『東北楽天ゴールデンイーグルス5周年記念特別盤 ソングス・オブ・楽天イーグルス』』
A面 羽ばたけ楽天イーグルス
B面 Dangerous Fight!
リリース
規格 12センチCD
ジャンル 球団歌
レーベル 楽天野球団レコーズ(TRGE-0001)
作詞・作曲 「羽ばたけ楽天イーグルス」作詞:
藤巻浩・勝山聡・井岡美里
「Dangerous Fight!」作詞:藤巻浩
作曲(両曲とも):藤巻浩
プロデュース 坂口雄一
テンプレートを表示

羽ばたけ楽天イーグルス」(はばたけらくてんイーグルス)は、日本プロ野球パシフィック・リーグに所属する東北楽天ゴールデンイーグルスの球団歌である。2005年平成17年)に発表・制定された。作詞:藤巻浩・勝山聡・井岡美里、作曲・編曲:藤巻浩、歌唱は狗鷲合唱団。

ここでは、マキシシングル東北楽天ゴールデンイーグルス球団歌』(TRGE-0001)に本曲と合わせて収録されている「Dangerous Fight!」(デンジャラスファイト)についても解説する。両曲とも、2009年(平成21年)にアップフロントワークスより発売されたアルバム『東北楽天ゴールデンイーグルス5周年記念特別盤 ソングス・オブ・楽天イーグルス』(2枚組、UFCW-1005〜1006)に収録されている[1]

解説[編集]

2004年(平成16年)のプロ野球再編問題を経て創設され、2005年シーズンより新規参入した楽天の球団歌。球団の公式サイトでは『東北楽天ゴールデンイーグルス球団歌』のシングルに収録されている「羽ばたけ楽天イーグルス」と「Dangerous Fight!」の両曲を共に「公式球団歌」としているが[2]、パシフィック・リーグの開幕戦で演奏される代表曲は「羽ばたけ楽天イーグルス」の方である。

パ・リーグの球団歌としては、同年にオリックス・ブルーウェーブと大阪近鉄バファローズが合併して発足したオリックス・バファローズの球団歌「SKY」と並んで最も新しい。同年に発表された公式応援歌THE マンパワー!!!」(モーニング娘。)は歌詞に東北地方を想起させるフレーズが皆無なことや「ものごっつい」と言う関西弁のフレーズが入っている[3]点に批判があるのに対し、本曲では「杜の都」(宮城県)・「竜飛崎」(青森県)・「磐梯山」(福島県)・「さくらの果実」(山形県)・「銀河鉄道」(岩手県)・「泣ぐ子も黙る」(秋田県)といった東北地方6県の事物を歌詞に歌い上げている点が大きな特徴となっている。

2010年3月26日楽天Koboスタジアム宮城の最寄り駅であるJR東日本仙石線宮城野原駅発車メロディに使用されている。

Dangerous Fight![編集]

作詞・作曲:藤巻浩、歌はTOMMY(富永TOMMY弘明)。アニメソング風のアップテンポな曲調である。

脚注[編集]

  1. ^ “東北楽天ゴールデンイーグルス 5周年記念特別盤 ソングス・オブ・楽天イーグルス [CD+DVD]”. CDJournal.com (音楽出版社). http://artist.cdjournal.com/d/tohoku-rakuten-golden-eagles-5th-anniversary-song/4109120619 2012年10月15日閲覧。 
  2. ^ 公式球団歌|東北楽天ゴールデンイーグルス
  3. ^ 作者のつんく♂大阪府の出身であり、近鉄ファンであったため(小学生の時にファンクラブに入会するほどの熱狂的なファンだった)。

関連項目[編集]