羽仁元直

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
羽仁元直
時代 安土桃山時代 - 江戸時代
生誕 天正7年(1579年
死没 承応3年2月20日1654年4月7日
別名 別名:羽仁有統
通称:弥四郎、与兵衛尉、善左衛門尉
官位 信濃
主君 毛利輝元秀就綱広
長州藩
氏族 羽仁氏
父母 父:羽仁元胤
寿貞、元智

羽仁 元直(はに もとなお)は、安土桃山時代から江戸時代にかけての武将毛利氏の家臣で長州藩士。父は羽仁元胤

生涯[編集]

天正7年(1579年)、毛利氏家臣の羽仁元胤の嫡男として生まれ、毛利輝元秀就綱広の3代に仕える。

慶長9年(1604年12月28日、輝元から「与兵衛尉」に、寛永3年(1626年2月13日に秀就から「善左衛門尉」に任じられた。また、正保3年(1646年12月25日には秀就から信濃受領名を与えられた。

承応3年(1654年2月20日に死去。享年76。元直の嫡男・寿貞は早世したため、次男の元智が後を継いだ。

参考文献[編集]